オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 [営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > ヒルズメンズコラム > スーツに合わせるコートを選ぶ

スーツに合わせるコートを選ぶ

スーツに合わせるコートを選ぶ

冬のメンズコーディネートで外せないアイテム、コート。スーツに合わせるなら?

冬の服装の必需品と言えば、コートです。寒さから身を守ってくれる役割があると同時に、着ている人の印象を決める大切なアイテムでもあります。
コートには様々な種類のものがありますが、ビジネスマンであればやはりビジネスシーンでも着用出来るコートを一着は持つことが鉄則。スマートに着こなして、出来る男を演出しましょう。
今回は、スーツと相性の良いコートについてご説明致します。

ビジネスマンが持っておきたいコート

ビジネスマンが持っておきたいコートビジネスシーンでも通用するコートは、かっちりしているものや上品な雰囲気のあるものです。例えば、トレンチコート、チェスターフィールドコート、ステンカラーコートなど。これらは、ビジネスマンの定番とも言えるコートで、スーツによく合います。さらに、オンでもオフでも着用出来るという特徴があり、一着あれば、ビジネスにもプライベートにも着回せます。

一方、冬のファッションで人気のダッフルコートやモッズコートなどは、カジュアルなものですからビジネスには向きません。オフの日のお洒落として楽しんで下さい。

また、Pコートはスーツにも合わせることが出来ますが、着こなし方によっては幼く見えたりカジュアルな雰囲気になってしまいます。スーツと合わせて着用するのであれば、着こなし方や素材、色にこだわるべきでしょう。

素材や色の選び方

素材や色の選び方

コートを選ぶときは、素材や色も吟味することが大切です。トレンチコートがビジネスシーンに通用するとは言っても、派手な色のものであったり、見た目が安っぽい素材で作られているものであれば、ビジネスには向きません。着用すれば、信頼に欠ける人という印象を持たれてしまう可能性もあります。TPOをわきまえましょう。

スーツに合わせるコートを選ぶなら、色はブラックやグレー、ベージュ、カーキ、ネイビーなどが良いでしょう。ブラックは無難な色ですが、スーツの色もブラックである場合はコートは異なる色にするなど、着こなしに気を付けましょう。素材は、ウールやカシミア、ギャバジン(綿を加工した生地)などが一般的です。カシミアは着心地が良く高級感もありますが、耐久性があまりないため、長く着用するにはハードユースを避ける必要があります。その点から考えると、ウールは見た目も良く耐久性もありますから通勤や外回りにおすすめです。

綿素材で出来ているコートは、シワになりやすいものも多いので、よれよれとした印象を与えないように気を配る必要があります。脱いだら肉厚のハンガーにかけてコートを休ませ、シワを取りましょう。

コートを購入する時のポイント

コートを購入する時のポイント

ビジネスシーンでも着用出来るコートは、プライベートなシーンでカジュアルに着こなすことも出来ますが、コートは毎日着ているとシルエットが崩れたり、生地の劣化が速くなってしまいます。二日着たら二日休ませるなど、着た日数の分だけコートを休ませてあげることが大切です。

このことから、ビジネスシーンで着用するコートと、プライベートシーンで着用するコートをそれぞれ分けて持っておくのが、コートを長く楽しむコツと言えます。
購入するときは、どのシーンで着るかをしっかりとイメージして、相応しいものを選びましょう。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
メディア紹介
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop