東京・横浜・大阪でのオーダーメイドスーツ専門店『ヒルズメンズ倶楽部』

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > ヒルズメンズコラム > 秋冬のスーツで押さえておきたい3つのポイント

秋冬のスーツで押さえておきたい3つのポイント

秋冬シーズンのスーツ選びで必ず役立つスーツスタイルの3つのポイント

トレンドばかりを追いすぎるのも考えものですが、流行を知り、取り入れたいものは適宜取り入れる。自分に合うようにアレンジして取り入れてみる。そういったあれこれはファッションを楽しむ術のひとつ。
スーツをオーダーする中でも、ぜひ、視野にいれて頂きたい要素です。今年の秋冬シーズンのスーツ選びで必ず役立つ、押さえておきたいスーツスタイルのポイントについて、東京・大阪梅田のオーダースーツショップ「ヒルズメンズ倶楽部」がお教えしましょう。

ポイント.01そもそも秋冬のスーツとは?

そもそも秋冬のスーツとは?

スーツはシーズンごとに「秋冬もの」と「春夏もの」の2種類に分類することが出来ます。
前者は毎年10〜3月まで着るスーツ、後者は4〜9月まで身に着けるスーツのことです。秋冬もののスーツの特徴は、総裏地(身頃、袖などの全体に裏地を付けたもの)で、春夏ものに比べると生地が厚く、その分、重みもあります。気温が低い中で快適に過ごせるよう、冷えた外気を遮断して体温で温まった服地と肌の間の空気を溜めこむ保温性の高さも備えています。
ところで春夏ものから秋冬ものへとスーツを着かえることを「衣替え」といいますが、その時期は9〜11月頃と大分幅を設けて考えるのが通常です。近年は温暖化の影響もあって、毎年9〜10月上旬だとまだ気温の高い日もありますし、雨降りなら蒸し暑いこともしばしば。これらを考えあわせると、やや肌寒くなる10月中旬頃が衣替えにはベストなタイミングであるといえ、11月に入れば急激に冷え込む日もあるのでコートの準備も必要になります。改めて秋冬もののスーツを新調しなければいけない場合には、気回しが出来るように最低2着は用意しておきましょう。

ポイント.02今年の秋冬スーツのトレンド

今年の秋冬スーツのトレンド

クールビズの浸透により、Yシャツにノーネクタイで過ごしていた春夏とは違って、アイテムの選択肢や着こなしの幅が増える秋冬は、ファッションを楽しみたいシーズンですね。

気になる今年の秋冬スーツファッションですが、クラシック回帰の流れはそのままに、ここ数シーズン続いていたジャケパンスタイルからスーツに移行するきざしがあります。特に、ネイビーのジャケットは長らくコーディネートの中核を担っていましたが、今季は一転して再びグレーに注目が集まりそうです。何とでも合わせやすい無地も良いですが、柄を選ぶなら無地以上に控えめな印象を与えるシャドーストライプがトレンド。クラシック回帰によって見直されているスリーピースで着こなせば、落ち着いた大人の雰囲気を演出してくるでしょう。
デザイン的には、クラシック回帰によるワイドラペルのトレンドが今年も続いています。ラペルとは、ジャケットの下襟のこと。カラー(上襟)から続く、身ごろの折り返し部分のため「返り」とも呼ばれます。スーツを選ぶ際に今年らしさを意識するなら、モード系ファッションの細身スーツによく見られるラペルが細いジャケットよりラペルが太いジャケットがおすすめです。

またコーディネートですが、クラシックスタイルに合わせる靴はトレンド感のあるものからボリュームや存在感のあるものまで幅広いデザインがマッチしますが、共通して黒系のリリースが増えています。英国紳士風ファッションのようなグレーのスーツスタイルには、そんな黒系の中でも足元が締まる正統派のカーフスキンの靴を合わせておくと間違いありません。
ジャケットの下に着るシャツのカラー(襟形状)ですが、クールビズ時期にノーネクタイで着るのに良い「カッタウェイ」「ホリゾンタルカラー」よりも、襟の角度が狭い「セミワイドカラー」や「レギュラーカラー」などのタイプが主流になってきています。色に迷ったらあえて秋冬に寒色を着るトレンドを取り入れて、ブルーを選ぶと良いでしょう。比較的明るいブルーが今年の色なので、ネクタイも紺色より明るめで穏やかなリバーサイドブルーや、パーティーならもっと明るいエアリーブルーを合わせるのもおすすめです。

ポイント.03秋冬スーツのメンテナンス方法

秋冬スーツのメンテナンス方法

雨や雪の水分や静電気による細かいチリなど、秋冬ならではのスーツの大敵があります。
スーツをきれいに着こなすには、そういったものへの対策と日頃のこまめなメンテナンスが欠かせません。
ここでは秋冬のスーツスタイルのマストアイテムであるジャケット(上着)の手入れ方法を紹介しましょう。
ジャケットのブラッシングには、油分が豊富で弾力にも富んでいる馬毛や豚毛など、天然素材のブラシの使用がおすすめです。まずはジャケットをハンガーにかけてもっとも汚れやすい襟元など前面からブラッシングをスタートしましょう。
続いては背中側を。襟部分を折り返してホコリが付きがちな肩周りを重点的にブラッシングして下さい。特にチリが溜まりやすい肩の縫い目部分は掻き出すようなイメージで小刻みにブラッシングするのがコツです。その後は再び表側に戻して折り返した襟部分をブラッシングします。その流れのまま生地目に沿って整えるように面を意識して全体をリズミカルにブラッシングして下さい。
最後にポケットは開閉するフラップの縫い目部分を念入りに、内部にもホコリは溜まりやすいのでしっかりと外に引き出して縫い目にそってホコリを掻き出して下さい。

さて、いかがでしたでしょうか。
秋冬に向けてスーツをオーダーしたり、購入されたスーツを着用されたりする際には
ぜひ、参考にされてみて下さい。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop