東京・横浜・大阪でのオーダーメイドスーツ専門店『ヒルズメンズ倶楽部』

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > ヒルズメンズコラム > 就職活動&リクルートで着たい、好印象の男性用スーツ

就職活動&リクルートで着たい、好印象の男性用スーツ

就職活動&リクルートで着たい、好印象の男性用スーツ

就職活動は社会人への第一歩。働く社会人男性の服装の基本は「スーツ」です。
筆記試験や面接に着て行く服といえば、企業側から特に指定がなければ、この「スーツ」を着ていかなければいけません。そこで今回は、就職活動用のスーツについて、その選び方と着こなし方のポイントをご紹介致します。

就職活動にファッション性は求められていない

就職活動にファッション性は求められていない まず押さえておいて頂きたいことは、就職活動は「服装をアピールする場ではない」ということです。
特に面接試験の場で面接官(採用担当者)が注目しているのは、あなたの服装のセンスではなく、志望者の適正であり、自己アピールや仕事への情熱です。
つまり、就職活動中のスーツは極めて常識的、一般的であればよいのです。逆の言い方をすれば、社会人としてのマナーに沿ったスタンダードなスーツの選択と着用が就職活動では求められています。

就職活動にふさわしいスタンダードスタイルとは

就職活動にふさわしいスタンダードスタイルとは では、ここから、就職活動にふさわしいスーツのチョイスの方法と装いについて順を追って説明していきましょう。まず、スーツの色は黒、紺、またはグレーを選んで下さい。ストライプなどの柄物は避け、無地を選んでおけばまず間違いありません。色違いで2着買っておくと着回しが出来て便利ですし、スーツの痛みを防げます。一方をクリーニングに出すということも出来ますね。

次にサイズに関しては、スーツの見栄えを決めるジャケットの肩幅がきちんと合っているかどうかを第一優先に選んで下さい。そして肩幅を合わせた状態で袖丈をチェックし、サイズが長すぎる場合には詰めてもらいます。
適正な袖丈とは、椅子に座って腿(もも)の上に手を置いた際にジャケットの下からシャツが少し見えるくらいです。ゆとりがあり過ぎればだらしなく見えてしまいますし、タイト過ぎてもいけません。首の付け根から肩の先まで布地が身体に沿っており、背中にシワが出ないかどうかをチェックして下さい。
着丈はお尻の部分の3分の2程度が隠れるくらいが“着られている感”が出なくてよいでしょう。なお、背中部分の切れ込みは下部中央に1本切れ込みが入ったセンターベントが最も一般的です。意外とチェックが疎かになりがちなスーツの後ろ姿にも、きちんと気を配れるとよいですね。

また、ジャケットのボタンはシングルの三つボタンのものか、二つボタンのものを。後者の場合には、上のボタン一つだけを止めるようにして下さい。パンツについても太過ぎたり、細過ぎたりするのは禁物です。
パンツの前面に1か所くぼみ(クッションと呼ばれます)が出来るくらいの丈が基本。なお裾上げは、表面に折り返す「ダブル」の処理は少々カジュアルなので、内側に折り返して縫う「シングル」で仕上げて下さい。

業界ごとにふさわしいリクルートスーツがある

以上が就職活動のための男性用スーツの最も基本ですが、これはあくまで原則。
ここからは応用編の説明をしましょう。例えば志望する業界によってスタンダードなスタイルは守りつつも、それぞれの業界に合わせたスーツの着こなしをしてみてはいかがでしょうか。
より堅めの(オーソドックスな)スタイルが求められるのは公務員や銀行、証券、保険の他、ホテルなどの業界。注意したいのは銀行などでは「お客様に威圧感を与える」として入社後に黒色のスーツを着られない場合があるということ。従って就職活動中にも濃紺無地のスーツを選びましょう。
一方、柔らかめ(個性的)の装いは、アパレル系や広告業界、テレビ・ラジオ局、映画会社、ITやゲーム関係などで好まれます。これらの業界では、濃紺やグレーの無地の他、縦縞の地模様が入った存在感のあるスーツもよいかもしれません。その他の業界の場合は初めに説明をした通り、最も一般的なスタイルを選びましょう。

入社式のスーツも就職活動のものを着ればOK

入社式のスーツも就職活動のものを着ればOK 就職試験後の入社式でも、基本的には就職試験の際に着たスーツのスタイルを踏襲すればOKです。色々な考え方はありますが、スーツはビジネスマンにとっての制服です。企業ごとに特色や個性はありますが、これから仕事を始める新入社員に、そこまではよくわからないはず。
個性的なスーツを着て、先輩や同僚社員から「面白い奴だ」と好印象に受け取ってもらえればよいですが、「協調性がない」だとか、「仕事も出来ないのにスーツだけは一人前だ」などと逆に悪い印象を抱かれてしまっては最初からつまづいてしまうことになります。少しずつ会社に慣れてい行く中で、それぞれの企業で許容されるスーツの幅がきっと見えてくるはずですし、スーツで個性を出すのは社歴を重ね、仕事で成果を上げてからがよいでしょう。

リクルートスーツはオーダーメイドもおすすめ

最後に就職活動用にスーツをオーダーすることについて。
オーダースーツの最大の特長は品質の良さと、プロの手による自分の体型にぴったりとあったスーツを購入出来るという点です。量販店のスーツや既製品と比べると多少値段は上がりますが、良い物を長く着ると考えれば、無駄な買い物であるとは決して言えません。
また良い服、好みの服を着ると不思議と自信が湧いてくるもの。特に就職活動中の面接試験を突破するための武器のひとつとなるはずです。もちろんオーダーであってもスタンダードを守る事は常に心がけて下さい。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop