オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > 差が出るメンズスーツの小物たち 靴

スーツの色や形にあわせて、小物類もいくつかのアイテムを揃えておきたいものです。

靴 「お洒落は足元から」と言われます。スーツにこだわるなら靴にもこだわりましょう。
毎日どんなシーンでも同じ靴を履くのはNG。大人ならば、場面や目的に合わせた靴を履くのが常識です。
世の中には沢山の靴がありますが、自分のコーディネートにふさわしい、センスが良い靴を選んでみて下さいね。

靴のデザイン

靴には様々なデザインがあります。ここでは、ビジネスシーンにふさわしいデザインの靴をご紹介致します。

ストレートチップ(Straight Tip)

靴のつま先に1本、横線が入っているデザインの靴の総称です。メンズシューズの代表格です。横線があることによって、その線よりも前には履き皺が出来ないのが特徴です。よって、デザインを美しく保つことが出来るので、長く履くことが出来ます。どんなスーツにも合うので、実用的です。
また、結婚式などのフォーマルなシーンでも履ける靴ですから、最低1足は持つべき靴だと言えますね。

プレーントゥ(Plain Toe)

プレーンなトゥ、つまりつま先になにも飾りが無いシンプルなデザインの靴です。シンプルなだけに、形や鳩目のバランス、素材の質がダイレクトに伝わるデザインとなっています。メンズシューズの定番ですので、こだわりを持って選んでいただきたいデザインです。

ウィングチップ(Wing Tip)

つま先に羽根のような形の切り替えがあるデザインです。W型の穴模様飾り(ブローグ)があるのも、このデザインの特徴。穴飾りがかかとまで届くものは、ロングウィングチップと呼ばれています。クラッシックな雰囲気を演出することが出来、ビジネスシーンやカジュアルシーンに適しています。

Uチップ(U-Tip)

甲の部分にU字型の革片を用いたデザインです。U字型の縫い目を装飾的に付けたものもUチップと呼ばれます。イギリスでは「エプロンフロント」、ノルウェーでは「ノルウェージャンフロント」という名称が使われています。
甲の切り替えにV字型の革片を用いたものを「Vチップ」と呼び、先端のラインを含めるとYのように見えることから、「Yチップ」と呼ぶこともあります。

靴のスタイル

靴のスタイルもいろいろあります。

バルモラル(Balmoral)

履き口がV字に開くスタイル。靴紐を通す穴が開いた革の部分と、靴の革が一体化したタイプの内羽根式です。
バルモラルという名前は、イギリスのヴィクトリア女王の夫君、アルバート公がスコットランドのバルモラル城でデザインしたことに由来すると言われています。

ブラッチャー(Blucher)

履き口が外に開くスタイル。イギリスではダービー型と呼ばれています。
靴紐を通す穴が開いた革の部分と、靴の革が一体化していないタイプの外羽根式です。
プロシアのブラチャーが考えた軍靴がルーツと言われています。

サドル(Saddle)

甲の部分の切り替えが馬の鞍(サドル)に似ていることからこの名が付きました。
切り替えのデザインを上手く利用した、2色使いの靴がポピュラーなスタイルです。
2色使いのものは、カジュアルなシーンによく合います。同色はビジネスでも使えます。

スリッポン(Slip-on)

紐やバックルがない靴のスタイルです。
フォーマルなシーンでも履くことができるものから、タッセルが付いたもの、カジュアルな印象のあるローファーなど、種類は様々です。
脱ぎ履きが比較的簡単なのが特徴です

靴のお手入れ

靴のお手入れ お気に入りの靴を長く履くためには、日頃の手入れがとても重要となります。
基本的は靴の手入れの手順としては、まず柔らかい毛の靴ブラシや布などで、靴に付着したホコリや泥を丁寧に落とします。汚れがひどい場合は、布を少し濡らして優しく拭きます。次の作業に入るときは、靴をよく乾かしてからにしましょう。
次に、靴クリーナーやステインリムーバーで、全体の汚れを拭き取ります。薄汚れているところもきれいになります。
靴の汚れを落としたら、保護と栄養補給のために靴クリームで油分と水分を補いましょう。ブラシや布を使って、全体に薄く均一に伸ばします。余分なクリームは、放置せずに拭き取って下さい。
クリームを塗ったら、乾いた布で艶が出るように磨き上げましょう。艶出し用のワックスを使用すれば、更に艶を出すことが出来ますし、光沢も長持ちします。
磨き終わった後は、防水スプレーで水と汚れの対策をしましょう。

靴を長持ちさせるには

同じ靴を毎日履き続けていれば、傷みが激しくなるのは言うまでもありません。お気に入りの靴や履きやすい靴は毎日履いてしまいたくなりますが、何足かで交代させながら履くのが良いでしょう。
しかも、靴が傷む原因は、摩擦だけでなく、足からの汗も含まれます。足は1日でコップ1杯程度の汗をかくそうですから、靴へ染み出す汗の量も相当なものということになります。靴を摩擦から守る以外に、よく乾燥させるという意味でも、1日履いたら最低でも1日は休ませるのが望ましいです。

また、靴の型崩れを防ぐことも、長持ちさせるコツとなります。無理やり足を押し込むようにして履くのではなく、靴ベラを使って履きましょう。靴紐をしっかりと締めることも、型崩れ防止につながります。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop