オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > オーダーシャツについて オーダーシャツのカラー

オーダーシャツのカラー

ご自分の似合う色はどういった色なのか、ビジネスやパーティーで最適なシャツの色をご紹介します。

ホワイトシャツと言ってもオフホワイトであったり、青みがかったホワイトであったりとシャツのカラーは多様にあります。どの色のスーツに合わせるのか、どんな場所に着て行くかによっても色選びは重要です。
特にクールビズの時期はシャツ1枚になる機会も多いため、シャツの色選びには失敗したくないものです。フレッシュな印象を与える色、落ち着いて見える色、その他にもご自分に似合う色はどういった色なのか、ビジネスやパーティーで最適なシャツの色をご紹介します。

シーンで変わるシャツのコーディネート

職場
職場
白は誰にでも似合う色であり、上品さや清潔感を出してくれる色です。
そのため、職場において白ベースのシャツが最も使用される色。肌の色によっては真っ白よりも黄みがかった白シャツの方が似合う場合もあります。白い色は色移りもしやすいので、なるべく白物のみで手洗いするかクリーニングに出すようにしましょう。
また、ブルーもビジネスマンに人気の色です。

どちらをとっても爽やかさや好印象に映る色がビジネスでは良いでしょう。濃い色を選びたい場合も白と相性の良い原色系のストライプ等、悪目立ちしないデザインがおすすめ。
冠婚葬祭
冠婚葬祭
フォーマルの場所では白のシャツが基本になります。
その代わりにポケットチーフやネクタイ、カフスなどでお洒落を楽しむのです。同じ白でもパーティーや結婚式等のフォーマルの場合、中央にプリーツが寄ったシャツが華やかさも出ておりおすすめです。

弔事の場合は、白シャツに黒ネクタイという決まりがあります。
光沢のある物や、派手な小物は避けましょう。
プライベート
プライベート
プライベートでは自分の個性を出せる場であるので、ご自身の好きな色を選びましょう。普段は着られない明るい色や柄の入ったシャツが普段と違った印象を与えてくれます。
ドットやチェック柄などが細かく入ったシャツはカジュアルシーンには最適。ピンクのシャツもパステルカラーであれば年齢よりも若々しく見られます。

余談ですが、女性は男性に一番着て欲しいシャツの色はいつも上位にピンクがあるのです。
柔らかい雰囲気が出ると同時に近寄りやすい印象を与えてくれます。
これを機に様々な色のシャツに挑戦してみましょう。

シャツの色・柄で与える印象

よく『ワイシャツは何枚持つべきですか?』とご相談するお客様がいますが、何枚持っていればいいという問題ではありません。たくさん持っていても、シャツが汚かったり、しわくちゃだったりすると意味がありません。シャツの清潔さは社会的信用を得るためのビジネスマナーの1つです。
何枚を持つべきかの基準はありませんが、清潔に保つために最低でも一週間分のシャツとネクタイは用意しておくようにしましょう。
洗濯やクリーニングに出す時間を考えると、一週間分は必要となってきます。
また、全て同じ生地やデザインのものだとマンネリ化してしまいますから、違ったデザインのものを揃えて、日によってコーディネートを変えてみましょう。

シャツの生地には、様々な種類があります。
素材や繊維の違いにより、見た目や肌触り、雰囲気が全然違ってきます。ですからワイシャツ購入の際は毎回似たような生地やデザインのものを選ぶのではなく、できれば印象が全然違う雰囲気のワイシャツを一週間分は揃えるようにしましょう。

白系

白系 誰でも一枚は持っている真っ白なシャツ。
スーツの種類や着るシーンを選ばないため万能なシャツです。清潔感があり誠実な印象を与える白系のシャツは汚れが目立ちやすいためお手入れが大切です。
パリッとのりづけされた白シャツは着ていて気持ちがいいものですし、ここぞという仕事の場でも活躍します。青みがかった白からクリーム系の白まで幅広くあるため、ご自分の肌の色に合わせて選ぶことが重要です。

ブルー系

ブルー系 さわやかで若々しいイメージを与えるのがブルー系のシャツです。
着回しがきくため、白シャツの次にブルーのシャツを選ぶ方は少なくありません。ブルーのシャツはジャケットを脱いだときにも違和感が少なく、クールビズの時期には特に涼やかに見えるため人気があります。汗が目立ちやすいため、よく汗をかく方や外回りが多い方は着替えを持っておくといいでしょう。

赤、ピンク系

赤、ピンク系 赤系のシャツはビジネスでの使用よりもプライベートで人気があります。
活動的で若々しく見え、能動的に行動したいときに身につけるといいとされています。
ピンク系は顔色を明るく雰囲気を柔らかく魅せるため、周りの方と距離を縮めたい時やチームで仕事をする時などに着用するのがおすすめです。

黄・オレンジ系

黄・オレンジ系 はつらつとした印象を与える黄色やオレンジ系。
薄い黄色のシャツはビジネスにも取り入れやすいため、持っている方も多いのではないでしょうか。オレンジはスーツに合わせるのは難しい色ですが、白シャツのワンポイントとしてステッチやピンストライプにとりいれると元気なイメージをもたれます。

黒・グレー系

黒・グレー系 黒シャツはシックな雰囲気のため、弔事にぴったりです。
つやのある素材を選べば夜のパーティーにも映えます。毛羽立ちや埃が目立つこともあるためお手入れが肝心です。グレー系はその濃さによって様々なシーンで活用しやすい色です。カジュアルな生地のボタンダウンシャツなどはプライベートでも活躍します。

ストライプ

ストライプ 柄物のシャツというと少し派手なイメージがあるかもしれませんが、その中でも取っ付きやすいのがストライプのシャツです。ピンストライプやペンシルストライプ、チョークストライプなど線の細さやラインの出方によって様々な種類があります。
また、糸の色を変えたストライプだけでなく、より方向の違う糸を組み合わせたシャドーストライプなどもあり、遊び心を加えた着こなしを楽しめます。

ドット(水玉)

ドット(水玉) かわいらしいイメージがあるドットは玉が小さなもの(ピンドット)を選ぶと大人の男性にもぴったりです。白地のシャツに黒や紺色のドットを配したオーソドックスなものから、グレー地に白のドットをあしらったものなど様々です。
まずは、シンプルな色遣いから挑戦してみましょう。

チェック

チェック カジュアルなイメージの強いチェックシャツをスーツと合わせて着る場合には色の組み合わせとチェックの種類がカギとなります。おすすめは白地に紺色やグレーを組み合わせたもの。
細い線で方眼紙のように細かい枡目が並ぶグラフチェックや、二色の線がチェックを描くタッタソールチェックはシャツの地の色が多く現れるため挑戦しやすいチェックです。

クレリック

クレリック 近年人気のクレリックシャツは身頃がストライプや色無地でカフスと襟が白地のデザインのシャツを指します。前立ても白地のものもあります。
デザイン性が高くおしゃれな雰囲気があるためカジュアルな場やジャケットを脱ぐ機会が多い方におすすめのシャツです。顔に一番近い襟が白のため清潔感も演出出来る便利なシャツです。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop