オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 [営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > スーツスタイルでスマートに! > コートTPO

スーツスタイルでスマートに!

年代や体型に合ったスーツを着用してこそ男の魅力が引き立ちます。

コートTPO

コートには様々な種類がありますが、ビジネスマンは、TPOに合わせてコートを着ることが大切です。フォーマル、ビジネス、カジュアル。TPOを考えて、それぞれのシーンに合ったコートを選びましょう。

チェスターフィールドコート

チェスターフィールドコートは、19世紀にチェスターフィールド伯爵が着たことに由来すると言われている、丈が長めのコートです。かつてのイギリスでは、男性用のコートとして流行しました。現在の日本では、フォーマルからビジネス、カジュアルまで比較的TPOを問わずに着用することが出来るため、非常に人気があります。スーツの上からでも、カジュアルな服装の上からでも、羽織ると様になります。正式なものは、ボタンを隠すように仕立てる比翼仕立てで作られます。
海外では、ドレス・チェスターフィールド、サック・チェスターフィールド、セミ・チェスター、クラス分けがされています。ダブルのチェスターフィールドコートは、ダブルブレステッド・チェスターコートと呼ばれます。素材は、ウールであることが多いですが、ポリエステル製の物などもあります。

トレンチコート

トレンチコートは、第一次世界大戦時にイギリス軍が着用していた防水型の軍用コートが起源の、スタイリッシュなコート。ぬかるみでの塹壕戦で耐光性を発揮したことから、トレンチ(塹壕)コートという名前になりました。
機能美に優れて大変実用的であることから、1930年代以降はメンズファッションアイテムとして、定番の1つになりました。また、映画などの影響で“トレンチコート=ハードボイルド”というイメージも出来上がり、人気も高まりました。
トレンチコートは、ビジネスやカジュアルではOKですが、フォーマルなシーンではNGです。建物の中ではコートを脱ぐので、それほどこだわらなくて良いと考える方も少なくないですが、やはり一般的なマナーとして、フォーマルなスーツにはチェスターフィールドコートを合わせるのが正解でしょう。フォーマルスーツを買うのと同時に、ウールのチェスターフィールドコートも揃えておけば安心です。

ステンカラ―コート

ステンカラ―コートは、襟の後ろが高く前が低いのが特徴のラグラン袖のコートです。20世紀になってから登場したの、比較的新しいものです。バルカラーコートやバルマカーンコート、スタンドフォールカラーと呼ばれることもあります。トレンチコートから変化したとも言われ、防水加工を施した生地で作られることがほとんどです。
スーツにも良く合うので、若いビジネスマンを中心に人気を集めていますが、TPOを考えるとフォーマルな場面にはあまり相応しくありません。TPOに合ったコートを準備するのも、ビジネスマンのマナーです。

ピーコート

ピーコートは、かつてイギリス海軍が軍服として着用していたコートで、厚手のフェルトで出来ているのが特徴。ダブル前で腰までの丈です。動きやすさと防寒性を考えて作られていて、漁師たちにも好まれていました。
カジュアルな印象で様々なスタイルにマッチすることから、年代を問わず愛用されていますが、現代の日本においては中学生や高校生が制服と合わせて着るというパターンが多いです。
このコートは、オフの日に着たいコートで、フォーマルやビジネスには不向きです。TPOを考えて、休日に着用するようにしましょう。

ダッフルコート

ダッフルコートは、フード付きの防寒コートで、北米の漁師たちの仕事着が起源だと言われています。第二次世界大戦中にイギリス海軍によって広く使用され、大戦後にその余剰在庫分が一般的に出回って広まったとされています。
フロントがトグルという留め具になっていて、手袋をはめたままでもコートの着脱が出来るというのが特徴です。本来はメルトンで作られたものが正式ですが、最近はフリースで出来たものなどが多くなっています。
ダッフルコートは、フォーマルやビジネスシーンで着用するのは良くありません。カジュアルなファッションアイテムとしてコーディネートに取り入れましょう。TPOに気を付けて下さい。

コート着用時のビジネスマナー

ビジネスマンはTPOに合わせてコートを着用することが大切ですが、コート着用時のビジネスマナーも知っておきましょう。

コートを脱ぐタイミング
一般的なマナーとして、コートは建物に入る前に脱ぎましょう。訪問先で、そのままコートでいるようなことはしないで下さい。人と会う約束があるシーンでは特に気を付けましょう。
建物に入る前に脱ぐ理由としては、ビジネスではスーツで会うのが正式だということや、外の花粉やほこりを建物の中に持ち込まないようにするということなどがあります。
コートを脱いだ後は
脱いだコートは、2つ折りにして抱えるのが良いとされています。小さくたたむとコートがしわになりますし、それを片手でただ持っていても不自然です。ですので、脱いだコートはあまり小さくたたむ必要はありません。
また、訪問先にコートかけが準備されていることもありますが、無断で使用することのないように気を付けましょう。
お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
メディア紹介
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop