オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > スーツスタイルでスマートに! > クールビズスタイル

スーツスタイルでスマートに!

年代や体型に合ったスーツを着用してこそ男の魅力が引き立ちます。

クールビズスタイル

クールビズと言う言葉もすっかり定着しましたが、夏になると何を着れば良いのか悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
今回は、クールビズの服装についてご案内致します。

クールビズとは

2005年、夏場は軽装することにより、冷房の温度を上げ温室効果ガスを削減するよう発案がありました。
環境省が中心になり、ネクタイやジャケットをなるべく着用せず、夏場でも28度以上の室温で仕事の出来る服素を呼びかけました。今ではすっかりと定着した「クールビズ」と言う言葉ですが、この言葉が使われ始めた当時の2005年では、ユーキャンが毎年行っている「新語・流行語大賞」のトップテンにも選定されました。
「クールビズ」は環境省が一般公募で募った言葉で、「涼しい」「かっこいい」と言う意味の「クール(cool)」と、「仕事」「職業」と言う意味の「ビジネス(business)」の短縮形「ビズ(biz)」を併せた言葉になっています。

ノーネクタイ

クールビズと言えば、ノーネクタイのイメージが浸透しております。
ネクタイを外すだけで、体感温度が2度下がると言われていますので、普段は外しておくことをおすすめします。
しかし、仕事をしていて急にネクタイが必要になる場面も出て参ります。いざと言う時のために、ネクタイはカバンに準備しておき、ネクタイを締めてもおかしくない服装で出勤するようにしましょう。

シャツ

クールビズをかっこよく着こなすためには、シャツが重要になります。
通常着ているノーマルシャツからネクタイを外しただけでは、襟が寝てしまったり跳ねてしまったりします。
通常のシャツは、ネクタイを着用することを前提に製法されておりますので、ネクタイを外すとだらしなくなってしまいます。だらしない襟元にならないよう、シャツ選びにこだわりましょう。 また、人気のあるクールビズのシャツの色は、白、淡い青、淡いピンクになります。涼しい色を基準に購入を検討しましょう。

ボタンダウン
襟をボタンでとめることが出来るシャツになります。そのため、襟が跳ねる心配がありません。
スナップダウン
襟の裏にホックが付いておりますので、こちらもノーネクタイの際には襟を止めて着用出来ます。
クレリックシャツ
1920年代にロンドンの紳士の間で流行してシャツで、クラシックでフォーマルなイメージのあるシャツになります。襟とカフス(袖口)の部分を白無地の生地で切り替えてあり、その他の部分は柄物や色物のシャツになります。
クールビズでオフィス内で着るシャツとしては正統派になります。ネクタイをしても合いますし、ノーネクタイでもフォーマルに見えます。カラーディファレントシャツ、カラーセパレーテッドシャツとも呼ばれています。
デュエボットーニ
デュエボットーニとは、「ボタンが2つ」と言う意味のイタリア語になります。
第1ボタンの付いている場所に、2つボタンが付いています。この2つのボタンは、衿元が曲がらないようにするために付けた名残と言われています。衿が高いため、第2ボタンまで開けてノーネクタイで着るとエレガントで洗練された印象になります。シャツを第2ボタンまで外すとさらに涼しくなりますので、暑がりな方には特におすすめ致します。
ただし、第2ボタンを開けているのは失礼だと言う考え方もありますので、目上の方とお話しする際には、ボタンを閉じるなどの配慮も必要となります。もちろんボタンを閉じてネクタイを締めて着用しても問題ありません。ボタンホールやボタン糸にアクセントカラーを付けた個性的なシャツもあります。
ホリゾンタルカラー
ホリゾンタルとは「水平な」と言う意味で、襟がほぼ水平になるように開いているシャツになります。ノーネクタイの場合はカーラーキーパーを外してカジュアルに着こなすことをおすすめします。

スーツスタイル

クールビズとは言え、ビジネスの場面ではジャケットが必要になることがあります。また、クールビズを取り入れてない会社にお勤めの場合は、日々スーツで過ごすことになります。
そこで、暑い夏を乗り越えるためにスーツについてご案内致します。

暑い夏ですので、見た目の涼しさも大切になります。ライトグレーもしくはミディアムグレーの色が涼しげで、しかもきちんと感があるスーツになります。明るめのグレーは白いシャツが爽やかに見えますので、夏の定番です。
生地
ウールスーツと聞くと、冬のイメージを持たれている方が多いですが、実はウールには湿気を吸収して熱を出す機能があるため、冬は暖かくて夏は涼しい生地になります。
そんなウールを薄地で織り上げた物がサマーウールになります。薄くて軽くてさらっとした清涼感があり、着心地が良くおすすめです。
ウールは洗濯が出来ないから、夏は避けたい・・・と思われる方もいらっしゃるでしょうが、ウォッシャブルウールと言って、洗濯可能なウールも出回っています。

足元

夏場の革靴は大変蒸れやすくなります。 しかし、スーツに運動靴やサンダルを合わせるわけにはいきません。防臭効果のある中敷きを敷き、お得意様とお座敷に上がることになった時も安心して靴を脱げるようにしておきましょう。
また、自宅での靴のケアも大切です。靴を脱いでからスプレーを吹き付けるものや、粉を巻いてその上から履くものまで、様々なケア商品が販売されています。
靴は1足を履き続けるのではなく、履いたら翌日は他の靴を履いて、靴を休ませるようにしましょう。
靴下
綿麻素材の靴下は、清涼感のある素材になります。サラリとした肌触りが特徴で、汗などを吸収してくれます。
また、ウール素材の靴下は、吸湿性が綿の2倍になり、雑菌の繁殖もおさえますので、こちらもおすすめです。
防臭防菌効果の機能のある靴下や、ひんやりと涼しく感じる涼感素材で作られた靴下など、様々な靴下が販売されております。スーツと同様、靴下も毎年のように機能性がアップし、高品質のものがたくさん市販されています。
お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop