オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > スーツのお手入れ お手入れ方法:スーツ

お手入れ方法:スーツ

普段のお手入れを少し変えて生地を上手に長持ちさせましょう。

仕事で毎日着るスーツ。
そんなスーツを毎回クリーニングに出していては費用もばかになりません。
ぜひ自宅でケアする方法をマスターしてみましょう。

毎日のお手入れ

毎日のお手入れ クオリティの高いスーツは復元能力があります。
スーツによく使われるウールには復元力があり、着用した時にできてしまうシワや型崩れは、じっくり休ませると元に戻るのです。基本的には1日着たら2日は休ませるのが基本です。見た目はキレイそうでも一日着て歩いたスーツの生地にはシワだけでなく、微細なチリやゴミなどが付着しているもの。スーツに付着しているごみを放置していると生地の傷みの原因となります。一回着たら、ブラッシングを習慣にして、毎日きちんとリセットすることが大切です。
ブラッシング後は霧吹きで軽く水分を吹きかけ、しっかりしたハンガーにかけて風通しのいい所でしっかり干しましょう。よくクリーニング屋からもらったプラスチックの小さなハンガーを使う人がいますが、あれは型崩れの原因になるため止めましょう。
肩の部分に厚みのある、しっかりとした木製のハンガーを使いましょう。木にはプラスチックにはない静電気と湿気を防ぐ効果があるからです。
また、パンツはきちんとズボン吊りにしましょう。

よくハンガーに2つ折りで掛ける人がいますが、折り目に線が付いてしまうことがあるので、パンツ専用の吊るすタイプのハンガーを使いましょう。裾を上にして吊るすと、重みのあるウエスト側が下になるので、ひざのはきジワも自然にリセットできます。
シワがとれにくい箇所には、スチームアイロンやスチームブラシを使用してみましょう。使用方法としましてはハンガーにつるしたまま、軽くあててシワを伸ばしましょう。特に梅雨の時期は、湿気が多いため、エアコンなどで除湿された部屋に干すといいでしょう。

ブラッシング

1日着たスーツは、一見汚れてないように見えてもけっこうホコリやシミなどが付いている場合が多いです。これらを放置しておくと、生地の傷みの原因や、クリーニングに出しても汚れがとれなくなってしまうので、最低週に一回はスーツ専用のブラシで丁寧にケアしましょう。ブラッシングする時はスーツの奥からほこりなどの汚れをかき出すようにするとよいでしょう。

ブラシの選び方

ブラシの素材には様々なものがありますが、化学繊維のものは静電気を発生させるので、天然毛にこだわって選ぶのが正解です。なかでも毛先が柔らかく、生地へのあたりのいい馬毛がよいでしょう。

上着のブラッシングは肩周りから

まずは一番チリの積もりやすい肩周りからブラッシングしましょう。
ここはチリやフケなどの汚れがつきやすく、しかも一番人目にも付きやすい場所です。首から肩先を重点的に掛けていきましょう。次に忘れがちなラペル裏側へ。襟を立てた状態でブラッシング。できれば毎日掛けるのがおすすめですが、ここは忙しければ週に1度のペースでもOKです。

ポケット口、ポケットの中をブラッシング

思った以上にチリの溜まるポケット口の縫い目。
ポケット周りはよくものを出し入れするため、使用頻度が高く、汚れやすく、傷みやすいところ。縫い目には細かなチリなどが詰まりやすいため、毛先を使って丁寧に掛けていきます。袋を引っ張り出し、裏返してかければ完璧です。

パンツは裾まわりを中心にブラッシング

パンツは泥や砂汚れのつきやすい裾周りを中心にざっとブラッシングしましょう。
この時に見落としがちな股部分も忘れずに掛けましょう。また裾がダブルになっているパンツは折り返しの部分に誇りが溜まりやすいので、裾を伸ばして、溜まったほこりをかき出しましょう。

シーズンオフのお手入れ

スーツを長期間保管する時、ひと手間加えるだけ長持ちさせることができます。
ここでは、長持ちさせるテクニックをそれぞれ紹介したいと思います。

シーズンオフや長期保存する場合の注意すべきこと

シーズンオフや長期保存する場合の注意すべきこと 長期間保存する場合、カビが発生したり、虫がついたりしないようにすることです。
見た目はあまり汚れてないように見えても、実は想像以上に汚れや汗が付着しているものです。そのまま収納するとカビや虫がつく原因となりますので、必ず収納前はクリーニングに出しましょう。

クリーニングから戻ってきた時に注意すべきこと

クリーニングから戻ってきた服を袋に入ったまま、そのまま収納していませんか?
クリーニングのビニール袋は必ず外してください。そうしないと、袋内に湿気がこもり、カビの原因となってしまいます。必ずビニール袋から外して、数時間陰干しをした後、通気性のあるカバーで覆い、防虫剤対策もしてクローゼットへ収納しましょう。

収納前には1~2時間の虫干しを

シーズンオフだからといってスーツをしまいっ放しにしておくのは危険です。
定期的に湿気を発散させるために虫干しをしましょう。生地の中に澱のように溜まっていた湿気を一気に除去することができ、生地を蘇らせる効果があります。なるべく湿気の少ない日を選び、できれば窓も空けて部屋の風通しをよくした状態で直射日光の当たらない場所に1日吊るしておきましょう。これを1~2時間するだけでスーツの寿命が全く違ってきます。

クリーニングの基礎知識

季節や汚れ具合にもよりますが、クリーニングは1シーズン1~2回シーズン後の収納前に1回出すのが一般的と言われます。しかし、あまりクリーニングに出すと、生地を傷めたり、変色したりするので、あまり頻繁に出すのはおすすめしません。

クリーニングに出す際の注意点

出す時は、必ず上下一緒に出しましょう。
片方だけだしていると、一方だけ変色してしまうことがあるからです。クリーニング店に何も言わずに渡すだけでなく、どこが汚れているのか、何が原因で付いた汚れなのかを伝えることが重要です。また、ポケットの中に何か入ってないか必ず確認しましょう。
取れそうなボタンやほつれなども事前に確認しておくことが必要。

水洗いクリーニングのススメ

水洗いクリーニングのススメ ドライクリーニングに出せば、汚れが完璧に落ちると思っている人もいるかと思いますが、実はそうではありません。ドライクリーニングは油系の汚れを落とす力は強いですが、汗などの水溶性の汚れはそれほど落とすことができません。そのため、ドライクリーニングで落とせなかった汚れは水溶性クリーニングを試してみるとよいでしょう。特に直接肌に触れるシャツやパンツなどを水洗いクリーニングすると、さっぱりした洗い上がりになります。

ドライクリーニングでは
落とせない汚れが落とせる
一見、ドライクリーニングの方が、汚れが落とせそうですが、実は水溶性の汚れは落ちにくく、汗やシミなどがほとんど残ってしまいます。水洗いクリーニングなら汗などの水溶性の汚れに強く、きれいに洗い落としてくれます。
型崩れぜず、鮮やかな色を保てる
水洗いクリーニングは化学溶剤を使用しないので、クリーニングによって変色したり、ひどく生地が傷んだり、収縮、型崩れがすることがありません。型崩れや変色させたくない時には水洗いクリーニングをするとよいでしょう。
生地を傷めず汚れを落とせる
ドライクリーニングでは落とせなかった水溶性の汚れを水と洗剤で生地を傷めず、さっぱりとおとすことができます。
仕上がりさっぱり
直接は肌に触れるシャツやニット、夏物のスーツなどは水洗いクリーニングをするた繊維の奥のまで浸透して汚れをさっぱりと落とすことができるので、ふんわりと着心地の良い仕上がりになります。



お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop