オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 [営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > ネクタイについて  ネクタイの豆知識

ネクタイの豆知識

ネクタイの豆知識

ビジネスシーンやフォーマルシーンで一般的に着用されているネクタイですが、ネクタイの種類やお手入れ方法など、意外と知らないことも多いものです。
ちょっとしたマメ知識で、普段何気なく使っているネクタイを見直せば、より愛着がわくかもしれませんね。是非ご参考になさってください。

ネクタイの種類

ネクタイには様々な種類があります。TPOや自分の好みによって使い分けましょう。

幅タイ
幅タイ
昔から親しまれている伝統的な柄です。
タータンチェック、マドラスチェック、ギンガムチェックなどの種類があります。
カジュアルな印象も持ち合わせていて、相手にフレンドリーに接したシーンなどに向いています。
ブランドの代表的な柄であるバーバーリーチェックは、流行を問わず人気があります。
角タイ
角タイ
「角タイ」は、ニットタイによく見られるネクタイの形です。
先端が水平になっているので、幅タイのような剣先がありません。
別名「スクエアタイ」とも呼ばれます。
一般的な織りネクタイやプリントネクタイにも見られますが、ニットタイがその大半を占めています。
カットタイ
カットタイ
角タイの先端を斜めにカットした形なのが、「カットタイ」です。
最近ではほとんど目にすることがなくなりました。
なお、カットソー生地で作ったネクタイを「カットタイ」として商標登録している会社も存在します。
蝶タイ
蝶タイ
蝶結びにするネクタイを総称して、「蝶タイ」と呼びます。「ボウタイ」とも呼ばれます。
蝶タイの基本的なスタイルは「バタフライタイ」で、結んだときの形が蝶の羽根に似ていることからこの名が付きました。蝶の羽根のように広がらないものを「クラブボウ」、結び目の先端がとがっているものを「ポインテッドエンドボウタイ」、先端が四角で幅が2cm程度の狭いものを「スクエアボウタイ」と言います。
アスコットタイ
アスコットタイ
「アスコット」とも言われる、スカーフのようなネクタイです。
「アスコットタイ」は、イギリスのアスコット競馬場に集まる上流階級の人の服装に合わせるためのタイとして生まれたのが由来です。
上品でエレガントな印象を与えるので、結婚式やパーティーなどに欠かせないアイテムとなっています。
ボーラタイ
ボーラタイ
「リボンタイ」や「コードタイ」など種類がありますが、馴染みが深いのは「ループタイ」と呼ばれる、紐状のネクタイでしょう。
両方の先端を金具に通して、締めるようにしたネクタイです。
1979年の夏に省エネルックとして提唱され、中高年層にヒットしました。

ネクタイの豆知識
小剣(スモールチップ)
ネクタイの細いほうの剣先。
中継ぎ
ネクタイのほぼ中央部にある生地の部分。
大剣(ブレイド)
ネクタイの太いほうの剣先。エプロンとも呼ばれる。
日本では9cm前後が標準的。
ネクタイの豆知識
ネクタイの豆知識
かんぬき止め(バータック)
ネクタイの裏側にあるステッチ。現在ではもともとの役割は無くデザインの一部になっている。
小剣通し(ループ)・ネーム(ブランドタグ)
小剣を通し、収まりを良くする部分。ネームが小剣通しの役割を兼ねている場合もある。
裏地(フェイシング)
大剣や小剣の裏側にのみ施される裏地。
ネクタイの豆知識

ネクタイを長く使うためのコツ

人間の体に休息や手入れが必要なのと同じで、日々スーツとの摩擦に耐えているネクタイにも休息や手入れが必要です。
上手に手入れをすることで、ネクタイを長持ちさせることも出来ます。お気に入りのネクタイを長く使うためのコツをいくつかご紹介致します。

保管

ネクタイの豆知識

ネクタイをきっちりとたたんで保管すると、しわの原因となります。
くるくると丸めるか、ポールやネクタイハンガーにかけて保管しましょう。
ただし、汚れが付いたまま保管すると、黄ばみやカビの原因となるので注意が必要です。

休息

毎日着用すれば、傷むのも早くなってしまいます。
1日着用したネクタイは、適度に休ませてあげましょう。
感覚をおいて使用することで、ネクタイの劣化を防ぐことが出来ます。

汚れを付けない

ネクタイは素材が繊細なため、簡単に洗濯出来るものではありません。
そこで、普段から汚れを付けないようにするのも、ネクタイを長持ちさせるコツです。
顔や首の汗・皮膚の汚れをまめに拭くことで、体の汚れが付着するのを防ぎます。

ドライクリーニング

汚れが付いてしまった場合は、ドライクリーニングに出すのも1つの方法です。
しかし、生地を傷める原因ともなるので、最適とは言えません。
特に高価なネクタイは、普段からできる限り汚れを付けないように扱い、クリーニングの回数を減らす心がけが大事です。
安価なネクタイであれば、家庭用のおしゃれ着用洗剤で洗うことも可能ではあります。

同じネクタイを数本持つ

「お気に入りのネクタイだから毎日着用したい」という人も少なくないはず。
でも、同じネクタイを毎日使い続けていると、当然ながら傷むのも早くなってしまいます。
そこで、同じネクタイを数本購入し、1日ごとに別のネクタイを着用するようにすれば、傷むのも遅らせることが出来ます。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
メディア紹介
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop