オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > メンズスーツ用語集

メンズスーツ用語集

メンズスーツ用語集
       
             
       

アームホール

シャツの袖付け部分のこと。

アイビー・シャツ

アメリカ東海岸の名門私立大学グループ「アイビー・リーグ」の学生の間で広まっていたファッションに由来する
シャツで生地はオックスフォードクロスを主に用い、スリムな仕立てになっているのが特徴です。

アウトポケット

外側に付けられるポケットのこと。パッチポケットとも言います。

アクション・プリーツ

ジャケットやジャンパーなど、背中の中央に取り付けられたヒダ。動きを楽にする目的があります。

あごぐせ

襟の裏にダーツを取って、立体感を出すための方法。胸の部分に立体感が出るのが特徴。
胸襟が発達している人のシャツに多く用いられます。

アジャストボタン

カフス回りのサイズ調整ができるよう、ボタンが2つ取り付けてあるもの。

アスコット・タイ

イギリスのアスコット競馬場に集まる上流階級の人の服装に合わせるためのタイとして生まれた、
スカーフのようなネクタイ。結婚式やパーティーなどで活躍します。

アフターシックス

午後6時以降に着る礼装の総称。
タキシード、イブニング、コートなどの他、ドレッシーな服装全般を指します。

雨蓋隠し

フラップの付いた隠しポケット。外来の服飾用語を日本語に直した言葉。

アリカンストライプ

左上から右下に流れるストライプ柄のこと。
ネクタイのレジメンタルストライプと呼ばれるものの一種です。リバースとも呼ばれています。

アメリカントラディショナル

アメリカで培われた伝統的な服装。代表格はブルックスブラザースや、ラルフローレン。

綾織り

生地の目が斜めになっている織り方の総称でイギリスではツイルと言われます。

アンコンストラクテッドスーツ

芯地やパッド、裏地などをまったく使わないか、最小限にしたスーツのこと。
アイコンスーツと略されることもあります。

アンプルライン

ゆったりとしたシルエットでスリムラインの対義語。

PageTop

イージーオーダー

全て採寸するフルオーダーと違い、予め用意された既存の型紙を使用し仕立てていく方法。
セミオーダーやシステムオーダーとも言われています。

イージースーツ

芯地やパッド、裏地などを使わないアンコンストラクテッドスーツの別称です。

いせ込み

平面の布を立体的に形成するために用いられる技法。袖山や後ろ肩線、縫い目の切り替え線などに使われます。

イタリアンカラー

襟の型の一種で、別名ワンピースカラー。
衿と衿台が一枚仕立てになっていて、V字のネックラインを形成します。

イタリアンクラシコスタイル

イタリアの定番的なスタイル。
体にジャストフィットする寸法で、全体的にポイントを上に押し上げているのが特徴です。

イブニングコート

燕尾服のことで夜間の礼装。
天皇や国王などの主催による夜会など、最高の格式セレモニー時に見られる礼服です。

インナーベルト

スラックスのウエストバンドの内側に縫い付ける、表面がざらついている布帯です。
別名はインサイドベルト。

インバーテッド・ベント

ジャケットの後ろ裾に切れ目を入れず、たたみヒダにしたベントのことです。

インフォーマル・ウエア

略礼服のこと。
モーニングコートやイブニングコートなどの最も正式なフォーマルウエアに対して、ブラックスーツなどを指した言葉です。

PageTop

ウーステッド

5cm以上の原毛で作られた糸のこと。
長い繊維を使っているため折れ目がなく、太さが均一になるので生地の強さは高まりますが、肌触りは粗くなってしまいます。対義語は、ウーレン。

ウール

羊、カシミア、アルパカ、アンゴラ、ラクダなどの毛のことです。

ウーレン

ウールの中でも毛足の短いものを使った繊維。短い繊維を紡いで糸にすることから紡毛とも呼ばれています。
フランネル、メルトンなどが代表的です。対義語は、ウーステッド。

ウイングカラー

襟型の一種で、衿先を丸くして前に折ったもの。タキシードなどのフォーマルスーツに用いられます。

ウインザーカラー

襟羽開きが100度~120度前後の襟型。別名ワイドスプレッドカラー。

ウインザーノット

ネクタイの結び方の一種。
ノットが最も大きくなる方法で、アスコットタイを結ぶときなどに適しています。

ウィンドペン

一色の細い線を四角く交差させた、シンプルな格子柄。

ウエストコート

ベストやチョッキのこと。主にイギリスで使われる言葉。

ヴェステッドスーツ

ベスト付きスーツのこと。スリーピーススーツ(3Pスーツ)とも言います。

ウエスマン

パンツの最上部の帯のような部分のこと。ウエストバンドがなまってこう呼ばれています。

ウェルトポケット

箱状になったポケット。スーツジャケットの胸ポケットやコートの腰ポケットなどに多く使われていいます。

打ち込み

生地に使用する糸が少ないため糸同士の間隔が大きくなり、密度が低下すること。

打ち抜きボタン

フライフロントに対して、ボタンを外側まで出す仕立ての方法。背広上着のボタンの大半がこの仕立て。

PageTop

AMFステッチ

ハンドステッチミシンを使った手縫い風の縫い目のこと。
AMFは、ミシンを開発したアメリカの総合機会メーカー「アメリカ ン・マシン・ファウンドリー社」の通称。
ハンドメイド風のステッチの味が高級感をかもし出すため、スーツを中心に使用されています。

エポーレット

トレンチコートやジャケットの肩に多く見られる、肩章のこと。正式名称はショルダーループ。

襟台

襟を立たせるための土台になる部分。ドレスシャツやブラウスに付いていることが多いです。

襟芯

襟先にはりを持たせるための器具のこと。
カラーステイ、カラーキーパー、カラーセル、カラーボーンとも言われます。

エルボーパッチ

スポーツジャケットやセーターなどの袖の肘に付けられるあて布のこと。
革で作られることが多く、肘部分の補強という機能的な面よりも、デザインのアクセントとして付けられることがほとんどです。

PageTop

大身返し

通常よりも大きく、ジャケット前身頃深くまで表地を折り返した仕立て。

オールインライン

Wスーツジャケットのボタン配列が、垂直で左右同じもの。
4個ボタン~8個ボタンのデザインのものに用いられます。

お台場仕立て

お台場とはジャケット内側のポケット周りのこと。
表地を内ポケットまで延ばして仕立てる方法です。

オルタネイト・ストライプ

異なる2種類、もしくは2色の縞糸が交互に配列されているストライプ柄。

オーバー・ストライプ

こまかい縞の上に色糸で縞を重ねた縞柄のこと。

オンブレ・ストライプ

単色で濃淡をつけた様な陰影効果によるストライプ柄。

PageTop

貝ボタン

貝を用いたボタン。高級シャツなどに用いられます。

肩線

前身ごろと後ろ身頃の合わさる肩の縫い目。ショルダーラインとも言います。

肩入れ

スーツの前身ごろと後ろ身ごろの肩の部分を縫い合わせるとき、くせを取ったり、いせ込んで体型に合わせること。

返り穴

ジャケットの襟にある穴です。別名フラワーホール。

カフ

シャツの袖やパンツの袖。

カフスボタン

袖口(カフス)穴に通して袖を留めるためのボタン。別名カフスリンクス。装飾を兼ねた目的もあります。

カフ・リンクス

シャツの袖口に使われる飾り釦。カフスボタン。主にフォーマルウェアに用いられます。

カッタウェイ・フロント

上着の前裾を大胆にカットしたデザイン。モーニングコートもその一種。

カッタウェイ・カラー

シャツ襟の開きが180度以上のワイドなもの。別名ホリゾンタルカラー。

角タイ

ネクタイのデザインの一種。ネクタイの先端が水平になったもので、主にニットタイに用いられます。

カットタイ

ネクタイのデザインの一種。ネクタイの先端を斜めにカットしたもの。

かま衿

スーツジャケットやコートの襟から肩にかけての形状をさす言葉。襟を低く平らに寝かせたデザインです。
別名フラットカラー。逆に襟が立った感じに見えるものをぼう襟と呼びます。

カラー・クリップ

襟の両側を留める金具。

カントリースーツ

その名の通り、カントリー風な生地や仕立てのスーツ。カジュアルシーンで見られます。

PageTop

起毛

毛を生地からかきおこし繊維表面をケバ立てることにより、保温性と厚みを持たせる素材。
ベルベット、ベロア、スエードなど、繊維を短くカットした素材も含みます。

ギャバジン

スーツに用いられる生地の種類。
綿やウールといった素材を、緻密な綾織で仕上げた生地で、斜めに織り目が浮き出しているのが特徴です。
スーツ以外にも、コートなどの素材としても使用されます。

着丈

洋服の後ろの襟ぐりから裾までの長さ。

キュプラ

化学繊維の一種。
絹のようになめらかで滑りよく、吸湿性・放湿性に優れ、静電気を発生しにくいなどの特徴から、スーツの裏地などに用いられることが多い素材です。

ギンガムチェック

先染めの糸を用いて縦縞や格子縞を織った平織の生地柄。

キャバルリーツイル

二重綾で畝を深く織り込んだ素材。
弾力性に富み、厚手で丈夫であることから、騎兵(キャバルリー)の服として用いられていたことに由来します。
カジュアルスーツ、ジャケットなどに用いられています。

PageTop

グシ縫い

主に袖山やショルダーライン、パンツのいせ込みをする際に用いられる縫い方。
布をくしに刺すように、裏表の針目をそろえて細かい目で縫います。

クリア加工

生地表面にでる毛羽を切り焼いたりして取り除く加工方法。

クリース

パンツ中央部に入れられた、アイロンによる折り目のことです。
クリースとは「ヒダ」「折り目」「畳み目」という意味。
立体感を持たせ、足のラインをすっきり綺麗に見せる効果があります。スーツのスラックス場合、このクリースが綺麗に入っていないとだらしなく見えてしまうことから、薬品で消えにくい折り目を付けてある場合もあります。

グレーディング

衣服を作る際の型紙おこしのこと。
採寸したサイズから型紙を作成。その後、裁断、縫製という工程を経て体にフィットした衣類を作り上げることから、オーダースーツではとても大切な作業工程です。最近ではコンピューターによるグレーディングも普及しています。

グレンチェック

千鳥格子とヘアラインの小さなチェックを組合せた大きなチェック。別名「グレナカートチェック」。

グログラン

横畝に固く密に織られた平織物。
グログランリボンやグログランテープとして、様々な衣類や服飾雑貨などのアクセサリーやデザインで使用されています。

クロスオーバータイ

ネクタイの一種。リボンのような形で、短いタイを交互に重ね、重ね部分を飾りピンなどで留めたもの。
別名コンチネンタルタイ。主に礼服に用いられます。

PageTop

毛芯

羊毛や馬の毛などで織られた芯地で、スーツのジャケットなどに使われます。

剣衿

上襟と下襟の繋ぎ目であるゴージが逆三角形になり、下襟の先端が上向きとなっているデザイン。
ピークドラペルとも言い、フォーマルウエアによく使われます。

剣ボロ

シャツの袖先の切り込み。

PageTop

コージライン

スーツジャケットの襟は、カラー(上襟)とラベル(下襟)の2つの部分で構成されており、それを繋ぐ繋ぎ目のデザイン。

コーディネートスーツ

異なる素材でジャケットとスラックスを組み合わせたスーツ。

殺し襟

ジャケット襟部分を首筋に合わせる技法。

コンケーブド・ショルダー

スーツのショルダーラインの一種。
肩が全体的に湾曲し、袖山で盛り上がったデザインで、主にヨーロピアン調のスーツに見られます。

コンバーチブル・カフス

シャツの袖両側に穴が開いており、ボタンでもカフスボタンでも留めることのできるスタイル。

コンバーチブル・カラー

襟を開けても締めても着用できる襟。

PageTop

採寸

衣服を仕立てるため、必要な身体の各部分の寸法を計測すること。

サーティースルック

サーティース(1930年代)に流行した背広のスタイルで、それを現代風にアレンジしたもの。

サイドシーム

パンツの外側のラインのことを指します。

サイドプリーツ

シャツの後身頃のボディ型。レギュラーやワイドカラーでよく使用されています。

サイドベンツ

背広、上着のベンツ(後ろの割れ目)の一種で、両裾脇が開いているものを指します。

サイドポケット

上着やスラックスなどの、脇ポケットの総称として用いられます。

カフ・リンクス

シャツの袖口に使われる飾り釦。カフスボタン。主にフォーマルウェアに用いられます。

サヴィル・ロウ

スーツ発祥の地と呼ばれるロンドンの西端にあるストリートの名前で、一流の有名な紳士服の仕立屋(テーラー)が軒を連ねています。一説には「サヴィル・ロウ」が訛ったものが日本語の「背広」となったとも言われています。

サックスーツ

アメリカでいう「背広」のこと。背広の上着はサックコートと呼ばれています。

PageTop

シーアイランドコットン

カリブ海西インド諸島産で、超長綿の中で最も毛足が長い綿。
世界三大超長綿の一つとして知られ、英国皇室御用達のコットンとしても有名です。

シー・ピー・オー・シャツ(CPOシャツ)

CPOは「Chief Petty Officer(アメリカ海軍下士官)」の意で、艦上の作業服をルーツとしたアウターシャツのことを指します。

シーム

「縫い目」のことを指します。

シェファード・チェック

日本では「小弁慶」と言い、もともとスコットランドの羊飼いが着ていた柄のことを指します。

ジェッテッドポケット

タキシードなどに使われる両玉ブチのポケットのことで、ダブルパイピングポケットとも言います。

システムオーダー

イージーオーダーやセミオーダーのことを指します。

シックンシン・ストライプ

太い線と細い線が一組になって繰り返す縞模様を表します。

ジャガード

変わり織の一種で、ジャガード織機を使って織られた紋模様(柄)のことです。

シャツ・カラー

シャツにつける衿の総称です。

ジャズ・スーツ

第一次世界大戦後に流行したスーツの呼称です。
ペッグトップモデルのトラウザースにナロー・ショルダー(狭い肩)のジャケットを組み合わせたスタイルが
一般的。

ショルダーヨーク

シャツ用語で、肩の部分に入れられる当て布のことを指します。

シルク

日本名で「絹」。蚕の繭からとった天然の繊維です。

シングル・カフス

シャツの袖口を、ひとつのボタンで留めるものを言います。

PageTop

スーツ

一般にいう「背広」。
ジャケット、ベスト、スラックスの三つ揃え、またはジャケットとスラックスの二つを同生地・同色柄で仕立てた一式のことを指します。

スーパー100's

原毛の太さを示す表示。数字が大きくなるほど、太さは細くなり柔らかくしなやかで艶のある布地になります。

スーピマ綿

アメリカ南西部産の世界三大超長綿の一つ。しなやかで柔らかく耐久性に優れている超長綿を表します。

スキッパー

ボタンの無いV字などの衿型。

裾回り

シャツの裾の1周分の寸法のことです。

スタンドカラー

立衿の総称。

ステッチ

スーツの縫い方や縫い目のことを指します。

スリーピーク

胸ポケットの口から三角形の頂点が3つ見える、ポケットチーフの飾り方の1種です。

スリーピース・スーツ

ジャケット、スラックス、ベストの3つで構成される本格的なスーツのこと。
「三つ揃い」「三つ組み」とも言います。

スリーブ

シャツやジャケット、コートなどの「袖」のこと。

PageTop

背ダーツ

後ろにダーツがはいっているデザイン。「バックダーツ」とも呼ばれています。

セットアップスーツ

「組み立てスーツ」と訳されるコーディネートスーツ素材やデザインの異なる上下を、組み合わせてスーツとしたものです。

セットイン・スリーブ

ジャケットやシャツの袖と袖ぐりを縫い付ける縫製方法、またその袖自体を指します。
袖付けの中で最も一般的な縫製方法で、殆どのジャケットやドレスシャツがこの方法で作られています。

セットイン・ポケット

パッチポケットに対し、切り込みポケットの総称として使います。

セミウィンザー・ノット

ネクタイの結び方の1種で、ウインザーノットより結び目の小さくなるもの。
片側だけを二重にして締める方法を指します。

セミクローバー・カラー

背広の衿型の1種で、上衿だけを丸くカットしたもの。

セミノッチド・ラペル

背広の衿型の1種。ノッチドラペルの下衿の角度を、少しだけ上にあげたものです。

セミピークド・ラペル

背広の衿型の1種。ピークドラペルの下衿の角度を少しだけ下げて、小さめにしたものです。

セミ・ラグラン

一見、普通袖と同じに見えますが、袖山からカフスまで縫い目が通っている特徴を活かしたラグラン・スリーブのこと。別名「スプリット・スリーブ」とも言います。

センター・プリーツ

ジャケットなどの背中の、中央縫い目に施されるひだのこと。

センターボックスプリーツ

シャツ用語で、後身頃のボディスタイルの一種。ボタンダウンシャツの後身頃によく使われています。

センター・ベンツ

背広上着のベンツの1種で、背中のセンター・シーム(中央の縫い目)の線が開いているもの。
1ヵ所だけに割れ目があるものを指します。

PageTop

側章(そくしょう、またはがわしょう)

フォーマルのパンツの両脇にある飾りのブレードのこと。
日本ではタキシードには1本、テイルコート(燕尾服)には2本あるものが正式とされています。

袖後付け

通常では脇から袖にかけて直線に一気に縫い上げますが、袖と身頃を別々に作り、袖を前側にずらして縫製する方法です。フィット感や着心地がよくなるというメリットがありますが、袖を後からつけることになり、非常に手間のかかる縫製方法とも言えます。

袖刳り

アームホールのことを指します。

ソフトカラー

シャツ用語で、柔らかい仕上げの衿のこと。

ソフト・ショルダー・モデル

アメリカントラディショナル型の背広の肩線の新しい呼び方で、ナチュラルショルダーのことを指します。
現代のトラディショナルモデルの主流となっていると言われています。

ソフト・ビッグ・ショルダー

流行のビッグショルダー(大きな作りの肩)を、ただワイルドなだけではなく、ソフトなイメージに仕上げたものを言います。いわば、ビッグショルダーの修正版かつ流行型と言えるでしょう。

セミノッチド・ラペル

背広の衿型の1種。 ノッチドラペルの下衿の角度を、少しだけ上にあげたものです。

セミピークド・ラペル

背広の衿型の1種。 ピークドラペルの下衿の角度を少しだけ下げて、小さめにしたものです。

セミ・ラグラン

一見、普通袖と同じに見えますが、袖山からカフスまで縫い目が通っている特徴を活かしたラグラン・スリーブのこと。別名「スプリット・スリーブ」とも言います。

センター・プリーツ

ジャケットなどの背中の、中央縫い目に施されるひだのこと。

センターボックスプリーツ

シャツ用語で、後身頃のボディスタイルの一種。ボタンダウンシャツの後身頃によく使われています。

センター・ベンツ

背広上着のベンツの1種で、背中のセンター・シーム(中央の縫い目)の線が開いているもの。
1ヵ所だけに割れ目があるものを指します。

PageTop

ダークスーツ

濃紺、黒などの暗い色や柄で仕立てたスーツの総称です。
日本の場合、ダークスーツがビジネススーツの代名詞となっていますが、欧米諸国では略礼服の意味合いを持っています。

タータンチェック

複数の色を縦横にあしらった、スコットランド発祥のチェック柄。

ダービータイ

ネクタイの一種で、先端が剣のようにとがったデザインのもの。
現在ではこのタイプのネクタイが最もポピュラーです。

ダーツ

体型に合わせた立体感、あるいはデザイン効果をあげるため、生地を内側から一部つまんで縫い合わせた部分。
ジャケットやシャツなどによく用いられます。

ターンナップ

スラックスの裾の折り返しのこと。
雨に濡れるのを避ける為、裾を折り返したのが始まりと言われています。

タイホルダー

ネクタイを留めるためのアクセサリーの総称。

タイクリップ

タイホルダーの一種で、バネ付きのクリップ。ワニの口に似ていることから別名ワニグチ。
バネの無いタイプもあり、その場合、タイスライダーと言われます。

タイバー

タイホルダーの一種で、単純に留める金具。

タイタック

タイホルダー一種。座金の押さえが付いたタイピンをシャツの裏側から止める仕組みです。
フォーマルシーンで用いられます。

タイチェーン

タイホルダーの一種で、タイバーとチェーンが一緒になったもの。

タイドアップ

ネクタイを締めているスタイル。対義語は「アンタイド」で、ネクタイをしていないスタイルを指します。

タイマッチシャツ

ネクタイと同一の生地で仕立てられたシャツ。

タウンスーツ

ビジネススーツよりも遊び心の強いカジュアルなスーツ。

タキシード

夜間の略礼装。正礼服である燕尾服に代用される準礼服にあたります。
黒の蝶ネクタイとセットであることから、ブラックタイとも呼ばれています。

タック

スラックスのウエスト下部に入ったヒダ部分。
タックが無い物を"ノータック"、タック1本のものを"ワンタック"と呼びます。
タックの数が増えるごとに、ウエスト周りにゆとりが出てきます。

ダブルカフス

カフス(袖)部分を二重に折り返し、カフスリンクス(カフスボタン)で留めるタイプのデザイン。
別名フレンチカフスともいいます。

ダブルノット

ネクタイの結び方の1種。
ネクタイを巻くとき、小剣に大剣を二回巻き付け、結び目を大きく見せます。
ネクタイのオーソドックスな結び方です。

ダブルブレステッド

ジャケットやコートの前合わせが2列配置のもの。
"ダブルボタン"や"ダブル"とも呼ばれています。

玉縁ポケット

布の裁ち目部分に別布を用いて細く縁取ったものを玉縁といい、その処理を施したポケットの総称を玉縁ポケットと呼びます。

段返り

下襟が第一ボタンあたりで折り返されているもので、トラディッショナルモデルのジャケットに多く見られるデザイン。別名「ローリングダウン」。

PageTop

チェストウェルトポケット

スーツやジャケットの左胸に付けられた一般的な切りポケット。

チェンジポケット

ジャケットの右脇ポケット上に設けられたもう一つの小さなポケット。
元々、小銭を入れるために設けられたもので、現在ではデザインとしてフェイクポケットとして付いている場合もあります。

チョークストライプ

黒や紺といった濃色地に、白いチョーク線を引っ張ったかのように輪郭がぼけたストライプのこと。
やや太めの縦縞が特徴的で、秋冬物の紡毛系素材によく見られます。

千鳥格子

鶴が連なって飛んでいるようにみえることに由来する柄。
白と黒の配色が一般的です。別名ハウンドトゥースチェック。

PageTop

ツイード

生地の一種で、太い羊毛糸を用いた紡毛織物。
ざっくりと織織り上げられ、粗い手触りと量感が特徴的。

ツーピーススーツ

ジャケットとスラックスがセットになったスーツのこと。
今では一般的なスーツスタイルですが、昔はスリーピーススタイルがスーツのオーソドックススタイル。
ツーピースになったのは戦後アメリカの服装簡略化の流れを受けています。

PageTop

ディンプル

ネクタイの結び目にできたくぼみ。

テーラー

紳士服の仕立屋。

テーラードスーツ

女性向けのスーツで、「紳士服仕立ての」という意味合いのスーツ。

手かんぬき

衣類の消耗が激しい部位に施す補強。

PageTop

ドルポケット

ズボンの右前部のポケットの内側に付けられた隠しポケット。

トラディショナルモデル

シングルブレステッド、ナチュラルショルダー、段返りジャケットにストレート型のパンツといったスタイル。

ドロップショルダー

袖が通常の肩線位置よりやや落ちたデザイン。

ドロップサイズ

胸囲と胴囲の差。ジャケットのウエストの搾り具合を示します。別名ドロップ寸。

トレンチコート

打ち合せがダブルで、大きな肩あてと腰のベルトが特徴的な軍用コート。
現在ではスーツの上から羽織るコートとして一般的。

PageTop

ナショナル・ブランド

世間によく知れ渡ったブランド(商標)のこと。メーカーの所有するブランドを指します。

ナチュラルショルダー

背広の肩線の1種。 衣服の肩のラインが自然で、無理のないシルエットです。

ななこ織り

2本もしくは数本ずつ引きそろえて並べた縦糸に、同数のよこ糸を打ち込んで織った変わり平織物。
表面が魚の卵の形に似ているところから「魚子織」と呼ばれ、また「七子織」、「斜子織」とも言われています。
かごの編み方にも似ているため、「バスケット織」とも呼ぶことも。
特に、絹糸で細かく織ったものを指していう場合が多く、羽織地・帯地などに使用します。

ナノテクノロジー

物質を原子や分子の領域において自在に制御する技術のこと。
生地においてはナノテクノロジーにより10億分の1という単位の繊維粒子に撥水加工を施すことができ、その生地は通気性が抜群なので梅雨の時期でも快適です。
また、環境にも影響のない加工なので、服地を水や汚れから守りエコロジーにも配慮されています。

ナポレオンカラー

折り返しのある立ち衿に幅の広いラペル(下衿)のついたものでコートに多く見られます。
フランス皇帝ナポレオン・ポナパルトの時代の軍服や衣装から名づけられたことから、
「ボナパルト・カラー(Bonaparte collar)」とも呼ばれています。

梨地織り

表面が梨の皮のように光沢を消した絹織物のことで、主にネクタイの生地として用いられます。

ナロータイ

大剣の最も広い部分でも4~6cmと幅の狭いネクタイのこと。「スリム・タイ」とも言います。

PageTop

ニッカースーツ

ジャケット、ベスト、ニッカーを共地で組み合わせてスリーピーススーツに仕上げたもの。
19世紀末から流行し、主に野外着として用いられていました。
1920年代には、ゴルフ向きのスポーツウエアとしてこのスーツが流行したと言われています。

ニッカー・ボッカーズ

半袴、半ズボン、膝の部分がふくれただぶだぶの半ズボンのこと。
17世紀頃オランダ人が履いたものに由来したと言われています。
太い膝の部分 は、布地は主としてスコッチを使用、その用途により、運動用、ゴルフ用、遊戯用などの区別があります。

ニットスーツ

編地で仕立てられたスーツの総称。
特にテーラードニットによるものを指すことが多く、新しいテーラード・クロージングの一つとして注目されています。ニットは、メリヤス編みで編み機によって編まれた「ニッテッド・ファブリック」のことを意味し、「編み物」を総称しています。

ニットタイ

ニットを素材としたネクタイの総称。「編みタイ」とも言います。

ニュー・ボタンダウン・カラー

シャツの衿型の1種で、ディテールのワイド化傾向によって幅広のラペルに合わせるため、特に衿先を大きく長くしたものを言います。

ニュー・ライフ・スタイル

直訳すると「新しい生活様式」という意味ですが、時代とともにライフスタイルが変化することを指しています。
主に「新しいファッションを作り出す」という意味で使われています。

PageTop

ネイビースーツ

ネイビースーツはチャコールグレイスーツと共に「ダークスーツ」と呼ばれ、パーティーやインフォーマルな席に適しています。仕事にも相応しく、そのままパーティーに出向いてもビジネス色を感じさせない、最も融通のきく着こなしと言われています。

ネクタイ

男性のスーツのVゾーンを飾る唯一のアクセサリー。
首や衿のまわりに巻いて前で結ぶ帯状、または紐状のアクセサリーです。「タイ」とも呼ばれています。

ネールスーツ

ネールカラーと呼ばれる独特の立衿を特徴としたスーツで、ノンスーツの1種。
ちなみに、この衿はインドの故ネール首相の衿型であったところから「ネールカラー」と名づけられました。
その起源は、インドの王侯貴族が着用したという、通称「ラジャー・コート」にまで、さかのぼることが出来ます。

ネックウエア

首に巻くアクセサリーの総称。
ネクタイ、アスコットタイ、ボータイのほか、ネッカチーフやチョーカーなどもこれに含まれます。

ネックバンド

シャツの衿の身頃につける帯状の部分で、衿台や衿腰とも言います。

ネックバンド・シャツ

狭い幅のネックバンド(衿腰)が付けられた、衿なしのシャツを指す言葉。
ドレスシャツの1種で、クラシックなスタイルのものを指します。

ネックライン

シャツの衿ぐりの線のこと。

ネップヤーン

糸に撚りをかけるときに、色のついた「毛玉」をパラパラとふりかけて、毛玉を撚り込んだ糸のことです。

眠り穴

ラペルホールとも呼ばれ、ジャケットのラペルなどに開けられた、はと目のないボタン穴のことを指します。
主に社員バッチをつけるところなので、「バッジホール」とも呼ばれています。

PageTop

ノーアイロンシャツ

アイロンかけの必要のないシャツのこと。形状記憶型の布地や樹脂加工を施した生地を使用したシャツを指します。

ノータイスタイル

ネクタイを着用しないスタイル。
クールビズの普及により、夏季にノータイスタイルを推進している企業も多く見られます。
日本的な英語のために外国人には通じないこともあり、「ウィズアウト・タイ」と言うのが正式です。

ノータック

スラックスの前部にタックのないもの。
腰のフィット感が強いのでスポーティなスラックスは、ほとんどこのスタイルになっています。

ノーフォークジャケット

襞(ひだ)取り服。または「ドイツ背広」とも言います。
19世紀から20世紀にかけてのイギリスで、狩猟用やゴルフ用などに使用されていたスポーツジャケットで、腰部全体にベルトをつけたものが多く見られます。
背中の中央にプリーツ、両脇にアクションプリーツを施し、ボタンは革のくるみボタンが付けられるものが一般的。

ノッチドラベル

普通の背広に多く見られる、オーソドックスな衿型で、刻み(ノッチ)、菱衿のこと。
主に、シングルブレステッドのジャケットに採用されています。

ノット

主に、ネクタイの結び目を指します。

ノット・ヤーン

糸のところどころに、絹糸を毛玉のようにして巻きつけたものです。
ネップヤーンに似ていますが、ネップヤーンのように取れて落ちることがないのが特徴です。

のぼり

首の横は立ち上がらせず、ゆるやかに寝かせ、首の後ろのカラーを立ちあがらせる仕立て方法。
首に吸いつくように立ちあがっているものが、美しいとされています。

PageTop

バーズアイ

円の中に点が入った水玉模様。鳥目のようにも見えることからこの名がつきました。

パーキー・ボウタイ

紐状のネックウェアで、ループタイ、コードタイなどとも呼ばれています。蝶結びにしたり、金具のアクセサリーに通したりして使用します。

バーシェープドタイ

ネクタイ幅が、剣先まで同じ幅のネクタイ。

ハイウエスト

通常のウエスト位置よりも高くとられたウエストラインや服の総称。

ハイカラー

襟が高く作られたデザイン。

ハイゲージ

より細かい糸で編み込まれたゲージ数の高いニットの総称。

パターンオーダー

既製服をベースに、予め用意された型紙を用いて仕立てる方法。最もシンプルなオーダー方法です。

パターンドシャツ

柄つきのワイシャツの総称。

バタフライタイ

蝶ネクタイのこと。

パイピング

ポケット回りやジャケットの襟縁、打ち合わせのアウトライン等に装飾用として縫い付けるブレイドのこと。

パイピングポケット

玉縁ポケットのこと。

パッデッドショルダー

パッドを厚く入れ、広く高く強調した肩線のこと。対義語はナチュラルショルダー。

パッチポケット

表から貼り付けられたデザインのポケット。

ハウンドツース

千鳥格子の別名。

パフドスタイル

チーフの刺し方の一種。四つ角を揃え、そのそろえた部分を下向きに無造作にポケットに入れるスタイル。

ハリスツイード

イギリスの高級生地。
スコットランドのハリス地方の職人たちによる羊の毛織物で、自然色もしくは植物性染料で手染めしたもの。
厚く粗い手触りが特徴。

番手

生地を編む際の糸の細さを示す単位。この単位が高いほど細い糸を使用していることになり、番手数が大きいほどなめらかな肌触りで高級とされています。

PageTop

ピークドショールカラー

ジャケットの襟型の1種。
タキシードによく見られるデザインで、ヘチマのような形でピークドラペルのようなデザイン。

ピークドラペル

下襟が鋭角で上向きのデザインで"剣襟"とも呼ばれる。ダブルスーツが一般的。

ビーフィスーツ

厚手の生地で仕立てたスーツの総称。

ピケ

表面にコーデュロイのような畝があらわれた2重織り生地。

ビジネススーツ

ビジネスマンが着用するスーツの総称。黒やグレーなどの濃色が多く、ダークスーツとも呼ばれる。

ビスポーク

注文服のこと。

ピスポークテーラー

お客様のニーズに沿ったスーツを、じっくり話し合いながら手作業で仕立て上げる職人のこと。

ピスポケット

パンツの後ろポケット。昔、ピストルをさし込んだところに由来します。

比翼仕立て

パンツなどの前開き部分。

平織り

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に編む織り方。

ビルトアップ・ショルダー

ビルトアップ・ショルダージャケットの肩線の一種で、詰め物などで袖山を高くした肩線のこと。
別名ロープドショルダー。

ピンホールカラー

シャツの襟、両方のピンで留めるデザイン。

PageTop

フォーマルウエア

礼服の総称で、TPOに応じ、正礼装、半礼装、略礼装の3種があります。

フラップポケット

ふた付きポケットのこと。

フランネル

平織、もしくは綾織で織った柔らかい毛織物。
生地の裏表とも起毛しており、肌触りが柔らかく、保温性に優れています。
秋冬スーツの生地としてよく使用されています。

プリーツ

パンツの腰部分に入れられるヒダのこと。別名"タック"。立体感が出て動きやすくなります。

フラワーホール

襟の第一ボタンホールの名残で、花を挿すなど飾っていたことにその名が由来するボタンホール。

プレーンノット

ネクタイの結び方で、いわゆる一重結び。シングルノット、フォーインハンドとも呼ばれます。

PageTop

ベント(ベンツ)

ジャケット背中の裾に入っている切れ目のことです。元々、馬に乗りやすくするために考案されたもの。

ヘアラインストライプ

髪の毛のように細い線を、さらに狭い間隔で配したストライプ柄。

ペイズリー

マガ玉風模様。スカーフやネクタイの柄としてよく用いられています。

ベステッドスーツ

ベスト付きのスーツ。

ヘリンボーン

ニシン骨に似ていることに由来する柄。日本では、杉綾織りとも呼ばれています。

ペンシルストライプ

鉛筆で書いたような線のストライプ柄。ピンストライプとチョークストライプの丁度中間くらいの太さ。

PageTop

ボータイ

蝶ネクタイのこと。バタフライタイとも呼ばれます。

紡績

羊毛などの原毛を加工・処理し、糸にしていくこと。

紡毛織物

毛羽の多い紡毛糸で織りあげた毛織物の総称。表面に毛羽があり、柔らかい手触りと厚地が特徴。
保温性に優れており、防寒用の服地や毛布として利用されています。

紡毛糸

5cm以下の毛で作られた糸のこと。柔らかい肌触りと風合いを出すことができる一方、強度は低下します。

ボタンダウンカラー

シャツの襟先を身頃部分のボタンで留める襟。

ポーラー

夏服地として主に使用される、通気性にとんだ清涼感ある生地。

ホームスパン

手紡ぎによる太番手の粗糸、もしくはそれを用いた織物。
粗く厚手の生地は保温性が高く、コートや秋冬物のジャケットなどに用いられます。
元々、ツイードもホームスパンの一種です。

PageTop

マーセライズ加工

綿の糸や布に張力を掛けながら苛性ソーダなどのアルカリ性加工を施して、シルクのような光沢を出す加工方法のことです。その為、シルケット加工とも呼ばれます。染色性も上がります。

マーティンソン

イギリスの名門生地メーカー。
重厚な素材であるフレスコやフランネルは、オーダースーツの用いられる代表的な生地です。

マーベルト

パンツのベルト部分の裏側のパーツです。
シリコン素材の物が一般的で、シャツが出てくるのを押さえる働きをします。
パンツの履き心地も左右される重要なパーツです。

マーベルトタック

マーベルトに入ったタックのことを言います。
身体の動きに合わせた形を作り、パンツをより立体的に見せることが出来ます。

マイターカラー

額縁の角のような斜めに合わせた継ぎ目をマイターといい、そのように合わせた衿のことを指します。

前立て

シャツのボタン部分にある細長い布のことです。表前立てと言われるものが一般的に使われています。

前身頃

衣服の胴体を覆う前部分のパーツのことです。

マオカラー

立ち襟のことを指します。中国の人民服や学生服の詰襟が代表的です。

マキシレングス

くるぶしから床に着くくらいの長い丈の事を言います。メンズファッションでは、コートの丈の長さを表します。

股上・股下

スラックスの股の分かれ目から上の部分を股上、内股から下の部分を股下と言います。

股シック

内股部分の補強布のことです。股間の汗や股ズレによる生地の劣化を防ぐ役割をします。

マドラスチェック

インドのマドラス地方で織られていた綿織物の格子模様のことを指します。
もともと草木染めの糸を用いた手染めだったので、洗濯の度に色がにじむことで、模様の変化を楽しみました。

マドラスブレザー

盛夏用に着用するマドラスチェックの布で作られているブレザーのことです。

マニカカミーチャ

肩にギャザーを寄せて袖付けする技法のことです。
袖山が膨らむことで、肩の動きが良くなり、着心地が良くなります。

マフポケット

垂直に切り口が取られたポケットのことです。
元々は手を温める為に作られたことから、コートに使われることが多くあります。

丸台場

丸みを帯びたお台場のことを言います。
通常のお台場よりも表地を使用する面積が広いことから、高級仕様のディテールとされます。

マルチカラー

3色以上の色を同時に使用していることを言います。

マルチストライプ

3色以上の色や3種類以上の縞を組み合わせて作るストライプ柄のことを言います。

PageTop

身返し(見返し)

布端を始末する方法の一つです。
ブラウスの襟やジャケットの袖口などを表地と繋がっているように仕上げるために、裏側にも表と同じ生地を使って始末します。

身頃

衣服の胴の部分を指します。衿・袖などを除いた身体を覆う部分を言います。

ミスターTルック

ラペルや肩幅が狭く、全体的にスリムなシルエットとなるスーツスタイルのことで、1950年代に登場しました。
「Thin(やせ型)」「Tall(背が高い)」「Trim(さっぱりとした)」の頭文字の3つのTから命名されました。

ミックスドスーツ

コーディネートスーツとも言われ、新しいスーツの概念として登場しました。
形式はセパレートですが、上下が柄や色、素材のどれかでコーディネートされているスーツの事です。

ミディアムスプレッドカラー

シャツの衿の形の一つで、90~100度程度に羽開きがあるのが特徴です。

身幅

衣服の身頃の幅(脇から脇までの長さ)の事を指します。

御幸毛織

日本を代表する老舗高級服地メーカーです。

ミラノカフス

カフスの種類の一つです。肘の方へ折り返しがあり、ボタンで留めるタイプ。
外側のカフスにはボタンがついていません。ターナップカフス・ターンバックカフスとも言います。

PageTop

メスジャケット

男性の夏用略礼装ジャケットの事です。
燕尾服の尾を取ったような短い丈のもので、ショールカラーかピークト・ラベルのものが一般的です。
レストランのボーイの制服として使われることも多いです。

メダリオンシューズ

ウィングチップなど、靴のつま先部分に小さく穴の開いた装飾をほどこした靴のことです。

メタルボタン

ブレザーに使われている金属で出来たボタンの総称。

メッツァフォデラ

前後身頃の上の部分のみに裏をつけ、袖に裏を付ける時と付けない時があることから、イタリア語で半裏仕立てのことを言います。

メリノ

スペイン原産の羊の一種です。
オーストラリア・アメリカ・フランスなどで改良されて、毛が長く、質も良いことから高品質のメリノウールとして、羊毛の代名詞とされています。

メルトン

フェルトのように仕上げた織り組織が分からないように仕上げた毛織物の事です。
反発力とはっ水性を持ち、丈夫で保温性に優れていることからコートなどに使用されます。

綿

吸水性・通気性・保温性に優れている、最も一般的な天然繊維のことです。
高級ウーステッド生地として用いられています。

PageTop

モーニングコート

男性が日中着用する正礼装のことです。フロックコートの前身頃部分の裾を斜めにカットしてあるものです。
コートを省略してモーニングと呼ぶのが一般的です。

モーニングカット

スラックスの裾の部分を甲からかかとへ斜めにカットしてある形のことを言います。
礼装用のスラックスの裾はこの形でカットしてあります。

モストフォーマルウエア

最も正式なフォーマルウエアのことを言います。「正礼装」と訳されることが多いです。
昼間はモーニングコート、夜間は燕尾服(イブニングコート)のことを指します。

モンクストラップ

甲の部分を靴ヒモではなくストラップとバックルで絞めて固定するタイプの靴のことを指します。
ビジネスシューズの定番です。

モンテカルロ

ファッション用語の一つで、タキシードやディナージャケットの総称です。
テール部のない黒のテールコートに由来しており、モンテカルロのカジノで好んで着られていたことからこう呼ばれています。

PageTop

ヤーン

織り糸や編み糸など、紡いだ糸のことを表します。

裄丈(ゆきたけ)

スーツの裄丈とは、首の付け根あたりから、肩を通って袖口までの長さを指します。

PageTop

羊毛

羊から刈り取った毛。
一般的に「ウール」と呼ばれていて、スーツやジャケット等さまざまな衣服の生地として使われています。
肌触りが良く保温性や吸湿性に富んでおり、比較的リーズナブルなものから、高級素材まで幅広く流通しています。

ヨーク

あて布のことを「ヨーク」と言い、スーツやジャケットの場合には、身頃の方の部分に入れる肩あての布のことを指しています。

ヨーロピアンモデル

特にアメリカと対比して、ヨーロッパで流行したスーツやジャケットのデザインを「ヨーロピアンモデル」と言います。また、「コンチネンタルモデル」と呼ばれることもあります。

PageTop

ライズ

パンツの股上のこと。ウエストから股までの長さです。

ライトウエイト

もともとは「軽量」という意味の言葉。
スーツ用語として使われる場合には、薄手で軽量化されたスーツ用の生地を指します。

ライニング

スーツや洋服の裏地、または裏地をつける作業のことを意味しています。
美しいシルエットを出す、保温性を高める、滑りを良くして脱ぎ着しやすくなる、などの目的で用いられます。

ラウンジスーツ

19世紀にイギリスで生まれ、部屋着やレジャー用として着用されていたスーツ。
その後19世紀末頃から、アメリカでビジネス用として発展したことから、世界的に広まったと言われています。
アメリカでは「サックスーツ」と呼ばれています。

ラウンドカラー

シャツの衿の型の一つで、衿先が大き目に丸くカットされているもの。
エレガントなイメージのスーツコーディネートに用いられることが多いようです。

ラウンドチップカラー

シャツの衿型の一つで、ラウンドカラーよりも衿先を小さく、丸くしたものを表します。

ラウンデッドフロント

スーツのジャケットの裾が、丸みを帯びた曲線にカットされているもの。
スタンダードなデザインとして知られています。

ラペル

シャツの衿型の一つで、ラウンドカラーよりも衿先を小さく、丸くしたものを表します。

ラペルドベスト

衿の付いているベストのこと。

ラペルホール

スーツのジャケットの左衿にあるボタンホールの名残です。
「ホール」と言っても、実際に穴は開いておらず、日本では社員バッジをつけることも。
ここに花を挿していた時代もあることから、「フラワーホール」とも呼ばれています。

ラーラースーツ

20世紀の初期に流行した斬新なスーツスタイル。
当時のアイビーリーグの学生の間で、スポーツ観戦用のスーツとして流行りました。
トラディショナルスタイルの原型とも言われています。

PageTop

リクルートスーツ

日本では、就職活動の際に着用するスーツのことを指します。紺、グレー、黒などが一般的。

立体裁断

人やマネキンに直接生地や型紙を当てて、裁断する方法。
立体的で美しいシルエットが表現できることから、「ドレーピング」とも呼ばれています。

リネン

主に麻を使用した生地。通気性や吸収性に優れていて軽くて清涼感もあるため、夏の素材としては最適です。

PageTop

レギュラーカラー

標準的な衿の型のこと。衿の角度や開きぐらいは、時代によって多少変化しています。

レザーパッチ

ジャケットの肩やひじの部分に貼りつける革片。
特に、ツイードのジャケットなどで多く用いられています。

レジャースーツ

非常にリラックスできて、手入れも楽な新しいスタイルのスーツ。
代表的なものとしては、サファリスーツやブルゾンスーツなどが挙げられます。

レセプション・スーツ

ビジネスシーンにも対応できる略礼装のこと。
時間帯を選ばずに、披露宴や公式なイベントにも着用できるスーツのことを指します。
上質なウールやシルクなどを使ったものが主流。

PageTop

ロイヤルオックスフォード

シャツなどに使われる平織の生地の一つ。上品な光沢があり、エレガントな着こなしに適しています。

ロングポイントカラー

シャツの衿型の一つで、10cm以上ある長い衿が特徴的。
細めのネクタイと併せてエレガントなシーンで用いられることが多いようです。

ローツー

スーツのジャケットのボタンが、低めに二つ付けられたものを指します。

ロープドショルダー

ブリティッシュスタイルのスーツに用いられる伝統的な形で、ジャケットの肩先が盛り上がったラインのことです。
「ビルドアップショルダー」とも呼ばれています。

ローン

薄くて滑らかな肌触りの生地で、スーツの裏地やシャツなどに用いられています。

PageTop

ワイドカラー(ワイドスプレッドカラー)

シャツの衿型の保突で、衿開きが100~120度と広く、「ウィンザーカラー」とも呼ばれています。
最大で180度近くあるものも。

ワイドタイ

ネクタイの幅が10cm以上の幅広のものを指します。

脇刺し(わきざし)

スーツやジャケットの脇下の裏地の裏側に、薄い当て布を刺繍のように刺して縫いつけること。
耐久性が高くなり、ほつれや破れを防ぐだけでなく、模様のように見えることから見た目にも美しくなります。

ワタリ幅

太腿の股の付け根の部分の幅を指します。

ワンタック

スーツのパンツの前の部分に、タックが1本入ったもの。ブリティッシュスーツの定番です。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop