オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 [営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > 既成スーツとの比較

既成スーツとの比較

既成スーツとの比較

既製品とオーダー品とはいったい何が違うのでしょうか?
よく、「こだわりを持つ紳士が最終的に辿りつく場所がオーダーの世界」と言われますが、オーダーと言ってもパターンオーダーからフルオーダーまで、オーダーしたい希望箇所によってもサービスは様々です。ここでは初心者でもわかりやすく、それぞれの特徴を比較しました。

オーダーメイドと既成品(レディメイド)の違いとは?

オーダーメイと既成品(レディメイド)の違いとは?オーダー品とは既成服とは異なり、仕立て屋(テーラー) に個別の注文をして作ってもらう商品のことを言います。注文(オーダー)してから生産(メイド)してもらうためオーダーメイドと言われます。
それに対して、既製品は「レディメイド」と呼ばれ、メーカーが一定の規格で大量生産したものを指します。オーダースーツとは、仕立て屋(テーラー)に自分の好みのデザインや体に合ったサイズを注文し、特別に作ってもらうスーツのことを指します。その魅力は「フィット感」と「オリジナリティ」にあります。
スーツのオーダーは大きく分けて「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つの種類があります。まずはそれぞれの特徴を簡単にご説明致します。

パターンオーダーとは

既成服(レディメイド)の中で、自分の体型に近いものを選び、体型に合わせて調整し、仕上げる、既成服+補正サービスのようなものです。
既成服とオーダーメイドの中間にあたります。価格も安く、注文もしやすいですが、どちらかといえば既成服(レディメイド)に近いため、オーダーメイドの初心者向けと言えます。

イージーオーダーとは

あらかじめ幾種類かの型が決まっていて体型の寸法に応じて細部を修正し、仕立てる方法です。オーダーメイドの簡易版といったもので、オーダーメイドに比べて、細部の希望を反映することが難しくなりますが、納期が早く比較的安い値段で注文することができます。

フルオーダーとは

テーラーが採寸を元に一から型紙をつくり、その後、仮縫いし、調整し、仕立てる最高級のスーツのオーダーシステムです。
自分の要望をテーラーに細部まで伝えられるので、オーダーの中では希望に沿ったものを作ることができますが、最裁断・縫製などすべて手作業で仕上げられますので、時間も値段も必要とします。

オーダーメイドと既製品(レディメイド)徹底比較

オーダーメイと既成品(レディメイド)の違いとは?

簡単に言うと、自分のサイズも、デザインも自分の希望通りにつくれるのがオーダーメイドで、一定の規格で大量生産したものが既製品です。既成品の魅力は値段の安さにあります、メーカーが一定の規格で大量生産しているため、オーダーメイドと比べて比較的安い値段で購入することができます。しかし、平均的な体型を基準にして作られているため、その限られた、デザインやサイズの中から、自分の満足するものを選ぶのは至難の業と言えます。
一方、オーダーメイドなら仕立て屋(テーラー)による個別の採寸を行うので、既製品では再現できない自分の体にフィットしたものを作ることができます。それだけでなく、スーツの生地やデザインから細かいディテール(裏地、ボタン、ポケット、ステッチ、袖口など)に至るまで自分好みの1着に仕立てることが可能です。
何から何まで自分のオーダーを満たすことができるため、世界に1つしかないあなたにジャストフィットしたスーツを作ることができます。


ここでオーダー品と既製品の違いをまとめてみました。

  オーダー品 既製品
サイズ
  • 自分の体にジャストフィットしたものをオーダーできる
  • 標準体型をベースにしているため数種類しかない
  • 細部まで体のサイズに合わないことが多い
生地・柄
  • 既製品にはない生地や色柄を組み合わせることができる
  • 生地からこだわって自由に選ぶことが できる
  • サイズ、生地、色柄、すべて限られたものからしか選ぶことができない
  • 時期によってモデルの変化も多い
デザイン
  • その時の店頭に並んでいるものではなく、流行にとらわれない自分の気に入ったものを選ぶことができる
  • 流行により店頭においてあるデザインの種類は変わってくる。
ディテール
  • 衿型・カフス・ポケットなどのディテールを自分好みでアレンジできる
    (フルオーダースーツの場合)
  • 規格に合わせてあらかじめ大量生産のため、アレンジ不可
採寸
  • (仕立て屋)テーラーが個別に採寸してくれるため、体型に合わせたものを作ることができる
  • 標準体型に合わせて生産されているため、サイズの種類が限定されている
裁断縫製
  • 最裁断・縫製などすべて手作業(フルオーダースーツの場合)
  • 標準体型に合わせた規格によって大量生産
仕上がり
  • 注文して3週間から1カ月程度
    (フルオーダースーツの場合)
    世界に一つしかないオリジナルスーツが完成
  • 裾直し、程度で購入してすぐ、持ち帰ることができる
  • 生産数が多いため、同じスーツが大量に出回る。そのため オリジナリティにはかける。

既製品の魅力とは?

オーダーメイと既成品(レディメイド)の違いとは?

なんといっても既製品の魅力は、手軽さと価格の安さ、また、仕上がりまで時間がかからず、すぐに購入できることです。既製品は標準体型に合わせてサイズを限定し、大量生産することで、原価が驚くほど安く抑えられるため、ブランドによってはオーダーメイドと比べて驚くほど安い値段で販売されています。
また、使用頻度が高く、消耗しやすく、それほど価格の高いものが買えない人にとっても利用価値があります。

デメリットとしては
・デザインや色柄を限られた範囲内でしか選ぶことができない。
・体のサイズ全てに合うものを探すことが難しい。
・価格が安いということもあり、オーダーメイドに比べ生地や縫製のクオリティが落ちる場合がある。

オーダー品の魅力とは?

オーダーメイと既成品(レディメイド)の違いとは?

オーダーメイドの魅力は、自分のサイズに合わせて型紙を作り、そこから作るため自分の体にジャストフィットしたものを作ることができます。既製品は日本の標準体型を基本として作られているため、まさに標準体型ピッタリの方でない限り、そういったジャストフィットしたものを見つけるのは難しい物。体型に合ったスーツは見た目がきれいなだけでなく、長時間着用していても疲れにくいのが特長です。
オーダーメイドでスーツを注文する時、通常、専門のテーラーが直接採寸してくれます。
その際、重要なポイントは好き勝手なアレンジができることよりも、プロのテーラーに色々と専門的な知識を教えてもらえるということです。「自由に選べなければ、オーダーのよさがないのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、テーラーとの直接のやりとりができる、そのこと自体がオーダーメイドスーツの価値なのです。
普通の人であれば、自分に似合うスーツのサイズやデザインなど知り尽くしている人はほとんどいないでしょう。それに対してテーラーはスーツ作りのプロですから、採寸からスーツ全体のデザインまでプロの視点でアドバイスしてくれます。テーラーに直接カウンセリングしてもらえることこそが、オーダーメイドの価値なのです。

フルオーダースーツの場合は、既製品が機械の大量生産であるのに対して、最裁断・縫製など、ほとんどが手作業で仕上げられます。オーダーした人のことを思い、心をこめて手作業で仕上げてくれるのは既成品にはない魅力です。また、体のサイズにジャストフィットしているオーダーメイドは既製品に比べて、着ている時に無駄な負荷がかからず長持ちします。既製品よりは値段はかなりしますが、長い目でみれば、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。
また、一度、採寸すれば、その採寸データは店舗に保存されますから、太ったり、痩せたりと極端に体型が変わらなければ、再び採寸する必要はありません。2着目以降はとくに体型に変動がなければ採寸せず、生地とデザインとその他仕様をお好きなものでチョイスして頂くだけで簡単にオーダー可能です。

よくオーダーメイドでは採寸が面倒くさいと言う方が多いですが、そういう人にとっては面倒なことを省くことができる、非常に有難いシステムです。

究極の1着を求めるならばフルオーダーしかない

普段のスーツの着こなしや買い物で感じる悩みやイライラも、オーダーを利用すればすんなり解消できます。普段スーツを着る機会が多い人は、一度はフルオーダーを試して頂きたいと思います。単なる寸法上の問題だけでなく、オーダーと既成品とでは作りの方向性から、方法論まで全く違います。
肩周り1つとっても、丸みのある立体的な形はオーダー服でしか実現できませんし、極端に趣味性の高いデザインのものも既成品では難しいです。

オーダーメイドとは職人が生涯をかけて培ってきたノウハウの集大成を形にしたものです。それは体にジャストフィットであるだけにとどまらず、自分の体型に足りないところを補って最もエレガントに見せてくれるものです。究極の1着を求めるならば、やはりフルオーダーしかないでしょう。
それとオーダーシャツも同じ機会に、一緒に作る事をおすすめします。特に個性的な体型の方は、たいてい首回りや袖丈など、自分に合ったものが、なかなかないもの。オーダーシャツならば、スーツと同じくジャストフィットだけでなく、自分の体型に足りないところを補ってくれます。
スーツスタイルではVゾーンと言われる部分が一番目立つため、オーダーシャツを着ることで、オーダースーツの良さがより引き立つことでしょう。

オーダースーツやシャツを作るのには、当然既製品に比べたら時間もお金もかかります。しかし、それらを費やすだけの価値はオーダー品にはあります。自分の体に合った服は見た目もきれいですし、オーダーものは体型が多少変化しても長く着られるように作ってあるので、いい生地を選んでおけば結局長く着られるからです。
また、 一度オーダー品に袖を通して、その着心地のよさに衝撃的な感覚を味わい、もう既製品には戻れないというのもよく聞く話です。
やはり、究極の1着を作るのならフルオーダーがおすすめです。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪 11:00~20:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop