オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 [営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > オーダースーツについて オーダーメイドスーツ

オーダーメイドスーツ

オーダースーツについて

既製品とオーダーメイドの違いとは?

既製品とオーダーメイドの違いとは? 既成品は一定の規格で大量生産されたものを指し、オーダー品はサイズも、デザインも個別の注文をして作ってもらうもののことを指します。
既成品が「レディメイド」と呼ばれるのに対し、オーダー品は注文(オーダー)してから生産(メイド)してもらうため「オーダーメイド」と言われます。また、事前に好みのスタイルやデザインをテーラー(仕立て屋)と話し合って服を仕立てていくため、英語でビスポーク=(前もって話す)とも言われます。

既製品は様々な種類のものがあり、値段もオーダー品に比べて安いですが、なかなか自分にピッタリのサイズや希望のデザインの商品には出逢えることは少ないものです。しかし、オーダーメイドならばテーラーが個別の採寸を行い、生地から選ぶことが出来るため、自分にジャストフィットしたサイズやデザインのものを作ることができます。
また、それだけでなく細かいディテール(裏地、ボタン、ポケット、ステッチ、袖口など)にも自分好みのアレンジを加えることが可能です。

もちろん既成品と違い、出来上がるまでには時間はかかりますが、既成品では手に入れることのできない「世界に1つしかないオンリーワンの1着」を作ることができます。

オーダーメイドには3つの種類がある

オーダーメイドの中でもスーツのオーダーは大きく分けて「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つの種類に分かれます。
ここではそれぞれの違いを簡単に説明致します。

パターンオーダーとは
既成服(レディメイド)の多くのパターンから体型に最も近いものを選び、体型に合わせて調整する「既成服+補正サービス」です。既成服とオーダーメイドの中間にあたります。
価格も安く、注文の時間もそれほどかからないのでオーダーメイドの初心者向けと言えます。
イージーオーダーとは
あらかじめ何種類かの型が決まっていて、体型に合った型を選び、細部を調整し、仮縫いなしに仕立てる方法です。オーダーメイドを簡易化したもののため、細部まで希望を反映することは難しいですが、納期が早く比較的安い値段で注文することができます。
フルオーダーとは
テーラーが採寸を元に一から型紙を作り、その後仮縫いし、調整し、仕立てる最高級のスーツのオーダーシステムです。自分の要望をテーラーに細部まで伝えられるので、オーダーの中では一番希望に見合う1着を作ることができます。しかし最裁断・縫製などすべて手作業で仕上げられるので、時間も費用も必要とします。

オーダーメイドの採寸の時に注意すべきポイント

オーダーメイドでスーツを作る際に、採寸は非常に重要になります。今は、インターネットでもオーダーメイドスーツを作れるサービスがありますが、細かい採寸を自分で正確にするのはほぼ不可能です。ですから採寸はプロのテーラーに直接店舗でしてもらうことをおすすめします。しかし、完全にテーラー任せにしてはいけません。どういう印象に見せたいかによっても採寸の仕方は違ってくるからです。そのため丁寧に採寸してもらいたい箇所に関してはそれを事前にテーラーに伝えましょう。ここでは採寸してもらう時に、最低限注意すべき3つのポイントを紹介致します。

まず1つ目はスーツの美しさの決め手となる肩周りです。肩はジャケットの重さを支える場所のため、サイズがずれていると背中に「つきジワ」がついてしまいます。そのため他の部分よりも丁寧に採寸してもらうようにしましょう。

2つ目は背中のラインです。肩とウエストの位置を考慮しつつ、襟元の開きを閉めます。その時、背中の曲線がS字を描くようなラインになるようにピンを打ってもらいましょう。

3つ目は、腕と身体の間の隙間です。身体にフィットする位置にウエストを調整し、袖丈、着丈などを詰めていきます。その時、腕と身体の間に隙間がちゃんとあるかどうかを確認してもらいましょう。それがセクシーなウエストラインを作るために大切なポイントとなります。
また、1度採寸すれば、2度目以降にスーツを作るのが楽になると考えがちですが、それも注意が必要です。人の体型は常に変わっていますし、生地やデザインによっては同じサイズでもシルエットが違ってきます。そのため、よっぽど時間のない方以外はその都度テーラーに採寸してもらうようにしましょう。

テーラー(仕立て屋)との上手な付き合い方

テーラー(仕立て屋)との上手な付き合い方 オーダーメイドスーツを作り慣れている人はいいですが、初心者にはその世界は未知なるものです。
オーダースーツは実に奥が深く、だいたい初心者だと、生地選びの段階からの予想とは100%同じには仕上がりません。
デザインの違いや仕立ての方法によって出来上がった時の印象が全く違ってくるからです。そこで、テーラーとの付き合い方が非常に重要になってきます。
ポイントは、テーラーに出来る限り自分の理想を具体的に伝えることと、教えを請うつもりで何でも素直に聞くことです。

オーダースーツというのは職人が生涯をかけて培ってきたノウハウを具現化したものです。「どうやったら体型に足りないところを補えるのか?」「このデザインで、この体型ならばどうやったら最もエレガントに見えるのか?」をテーラーは知り尽くしています。ですから、「どのようなシチュエーションで、どのような印象を与えるスーツを作りたいのか?」を具体的に伝えることで、良いテーラーは過去の経験を元に様々なアドバイスをしてくれます。
自由に選べなければ、オーダーのよさがないのでは? と思う人もいるかもしれません。しかし、テーラーのアドバイスを聞きながら作る方が勉強にもなり、好き勝手なアレンジよりも自分にあった理想のスーツを作ることができます。
オーダーメイドの魅力というとジャストフィットや差別化などが思い浮かびますが、テーラーと直接話ができ、専門的な知識を教えてもらえることも魅力の1つなのです。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
メディア紹介
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop