オーダースーツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

会社概要お問い合わせサイトマップ
ヒルズメンズ倶楽部
■ 東京・横浜ショップ  [TEL]
■ 大阪ショップ     [TEL]
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 [営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
※完全予約制 ※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

世界で、たった一着のスーツを是非、あなたへ。

オーダーシャツで、こだわりの、フィット感を実現。

あなたのためだけの、オーダースーツを是非、当店にてお試し下さい。

HOME > お役立ちコンテンツ > スーツの選び方

スーツの選び方

スーツの選び方

スーツは流行もあるけれど基本的に他と変わらないと思っている方も多いのではないでしょうか。
自分に合ったスーツを選ぶと着心地も良く、見た目も変わります。
今回はどのような基準でスーツを選ぶといいのかを確認しましょう。

サイズで選ぶ

スーツの基本はサイズです。
スーツを購入する際、試着をしますが自身の体型コンプレックスから体型をごまかそうと、細身の物やワザと大きめを選んでいる方もいらっしゃいます。いくら体型をごまかそうと思い、大きめサイズのスーツを購入していても身体に合っていないとシワやヨレの原因になり、せっかくのスーツも寿命が縮んでしまいます。
体型のコンプレックスを補うには、縦にストライプの線が入っているズボンやジャケットの色を明るい物に替えてみることガラリと印象も異なってきます。
間違ってもサイズで補おうとすると逆にスタイルが悪く見えてしまう結果となります。

目的で選ぶ

ビジネスの際には仕事が出来る男性を演出し、目上の方とのお食事やパーティーの際には話しかけやすくもしっかりとした印象を演出したいもの。大人の男性にとってスーツというのはお相手によって選ぶというのも一つの手段です。
2,3着目を購入する際に「この場所ではこのスーツを着用しよう」という様な目的意識を持つと断然選びやすくなるでしょう。
余談ではありますが、お洒落着として購入したい場合、襟(ラペル)が細い物ほどスマートな印象を与えます。
人と違ったお洒落をしたいならニット素材のネクタイや線の細いスーツが現在の流行でもあります。

生地で選ぶ

冬場は暖かさがあるウール、夏は涼しげな麻を使ったスーツ等生地の種類で選ぶのもいいでしょう。
代表的な物として、コットンは価格もお手頃で着心地も良いので、多くのスーツに取り扱われています。
カシミアはなんといっても着心地の良さ、冬場の寒い時期に重宝します。
また、ヴィキューナと呼ばれるラクダの毛を使った生地はビジネスシーンには向きませんが、光沢感肌触り共に最高級です。
現在ではコットンにシルクを織りいれた物など多様に作られているのでお目当ての生地が見つかるでしょう。
生地や織り方よって全く印象が変わるので、毎回同じ生地というよりも違った生地を購入すると、見た目の印象も変えられます。

予算で選ぶ

現在格安のスーツが増えており「初めの一着は格安の物で…」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
既製品の物やフルオーダースーツの場合でも、3万円台の物から20~30万の物と価格はピンキリです。
20代の男性であれば格安のスーツでも大丈夫ですが、30代40代の男性と年齢を重ねていけば、それなりのスーツを着用して欲しいものです。
現在はオーダースーツでも3万円台から販売しているので購入をお考えの際は頭に入れておくといいでしょう。

オーダーで選ぶ

パターンオーダーの際は何種類かの型紙から、色や素材など自分に合った物を作ります。
フルオーダースーツの場合、自分に合ったスーツを1から作るので期間は多少要りますが、出来上がり後の補正がほぼ無いと言ってもいいでしょう。また、体型が変わらなければ一生そのスーツを着る事も可能です。
オーダーになると生地のパターンやボタン等の装飾も自分で決める事が出来るので、正に自分好みのスーツが手に入ります。
既製品にはない愛着のあるオーダースーツを是非1着は持っておきたいものです。

必ず試着をする

試着した際は自分に似合っているかが最大のポイントですが、その中でも一番重要なのが肩幅に合っているかです。
小さすぎると背中にピンとシワが張ってしまい、大きすぎると肩幅も合わず全体的な印象が悪くなってしまいます。
スラックスは裾の補正が簡単に出来るので、必ずジャケットで合わせるようにしましょう。
また、既に持っているスーツが11号でも同じお店・形ではない場合、サイズや生地によって微妙な違いが出てきます。スーツを購入する際は必ず試着をして確かめましょう。

リクルートスーツの選び方

初めてのスーツはリクルートスーツ!という方が多いのではないでしょうか。
リクルートスーツとビジネススーツの違い、またリクルートスーツの選び方も見ていきましょう。

リクルートスーツとは

リクルートスーツとは リクルートスーツというのは主に就職活動の為のスーツとされています。
一般的なビジネススーツと違い価格も手頃で学生の方からお求めやすいのが基準となっているのです。
しかし、現在は社会人に入ってからも使えるようにとビジネス向けの作りになっている物もあります。
黒や紺といった暗めの色が多いですが、ストライプの入った物も人気です。
会社の社風によって着用するスーツを変えていくのもいいのではないでしょうか。

最低でも2着

学生であれば就職活動の期間中、ほぼ毎日リクルートスーツを着用していると言ってもいいでしょう。
ただし、夏と冬では温度や湿度も違い、クリーニングに出している期間も考えると1着で済ませようと思っても無理が出てきます。後々の事も考え、1着目はリクルートスーツ、もう1着目はビジネスに出た際にも活用出来る様なスーツを購入しておくといいでしょう。
なるべく「1日着たら1日休ませる」という風に、スーツも休ませる時間を作ってあげることで痛みにくく長く愛用出来ます。同様にシャツやネクタイも必要最低限ではなく、複数枚購入しておくといいでしょう。

生地をきちんと選ぶ事

扱いに慣れていない場合やお手入れが十分に出来ていないとほつれや痛みの原因にもなるので、時間のない学生には生地選びが大事になってきます。
「どんな生地を選んだらいいの?」と初めて選ぶスーツに戸惑いを隠せない学生も多いかと思います。
それに、生地の良さ、値段の安さ、お手入れの簡単さが揃ったコストパフォーマンスの高いリクルートスーツは中々短時間では見つかりません。
と言ってもリクルートスーツを着用する期間は限られているので、特に一番気になってくるシワが付きにくいスーツや手洗いしても丈夫なしっかりとした素材を一番に探すといいでしょう。

全体的に良い物を選ぶ

就職活動中、きちんとしたスーツを着用する事は就職出来るかどうかの判断にもなります。
体型に合っていないスーツや、いかにも安物っぽいスーツはプラス点になるとは言えません。
着用する期間が短いからと格安なリクルートスーツばかり見ずに、自分のマイナス点を補ってくれる様なスーツを探しましょう。
良いスーツを着用すると、自分に自信も付き就職活動も前向きに考えられるのではないでしょうか。

お問い合わせ 採寸ご予約フォーム

東京・横浜ショップ

大阪ショップ

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火 ※完全予約制
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

取扱い輸入生地ブランド
お仕立券のお申し込み
メディア紹介
ヒルズメンズ倶楽部について シーン別スーツスタイル ヒルズメンズコラム スーツスタイルでスマートに お役立ちコンテンツ
クレジットカード ヒルズメンズ倶楽部スマートフォンサイト 横浜のフリーペーパーでヒルズメンズ倶楽部が紹介されました!
P-MARK

PageTop